Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゼロの使い魔」アニメ版感想



今までは一話の感想を書く度にエントリーひとつ使ってたんだけど、全部纏めることにした。
一話ごとにエントリー使うよりは、全部まとめてしまった方がいいかなと思ったので。


◆第一話
ゼロの使い魔」は、自分は原作が好きなのでアニメは見たくないなとも思ったんだけど、もしかして原作プラスアルファの出来を加えてくれるのかなと一応見てみた。まず作画が綺麗かどうかに関しては、平均的なのかな。動きに関しては、紙芝居と言うと語弊があるが、物足りない。こういう作品の場合、キャラをコミカルに動かせるかどうかが重要で、ルイズのキャラの楽しさも、アニメ絵でどこまで弾けた動きが出来るかに掛かってると思うのだが、そのあたりは期待できない。このあたりはスタッフのセンスの問題だけでなく、どれだけ制作費があって作画枚数使えるかという問題でもあると思うので、一概にスタッフは責められないけれど。
結論的に言えば、わざわざ見るほどの出来ではないが、見るに耐えない作品というわけでもなく……、文句が出ない程度に無難に作ってみましたという感じだ。この出来だと、「あずまんが大王」や「ローゼンメイデン」のようにブーム的な扱いになることはなく、まあ原作に人気があるので、そこそこ売れるのかな、という程度だ。

◆第二話
第一話を見た段階では作画に不安をおぼえたのだが、今回はまともな水準だった。
アニメとして面白くなるかどうかは、まだ何とも言えない。 この「ゼロの使い魔」の面白さというと、ルイズのキャラ魅力についてばかり語られるが、それと同じくらいに、主人公のキャラのよさもあると思う。 この「ゼロの使い魔」の主人公はほどよくアホでタフなので、ルイズが生意気なのが丁度いいくらいなのだ。そして、主人公がアホなだけでなく、時々勇敢だったり……、そういう匙加減が絶妙なのである。
アホ、タフ、意外と真面目、勇敢、このあたりの属性が丁度よくブレンドされていて、少年誌的なキャラとしていいのですよ。
このアニメ版がどういう感じでいくのか。
今のところは、それなりに軌道を外さずに進んでいるように見える……。
ギーシュとの決闘でも、本気のいがみ合いとしては描かずに、漫画的(よい意味で漫画的)に処理しているところなんかは、わりと原作のテイストを守っているように思えた。

◆第三話
今回はインテリジェンスソードを手にする回。
相変わらず主人公がアホでタフなのがよい。
主人公がアホでないと、ルイズが悪い奴になっちゃうからね。
それなりに原作のテイストは守られているように思う。

◆第四話
今回のは原作にないアニメ版オリジナルのストーリー。 シエスタが偉い貴族の愛人にされそうになるのを助けるという話。 特別に面白いとは思わなかったが、わりと原作の雰囲気通りなのかな。 最後の場面で主人公が相手の貴族と対決せず、ギャグ漫画的な処理で終わらせたのも、この段階では妥当なのかもしれない。この作品は主人公がヘタレなようでありながら、最後の最後では活躍するのが特徴なのだが、たぶん第四話で主人公が大活躍してもまだ早過ぎると思うので。

◆第五話
判断保留……という感じだな。 いかにも普通の出来という程度。ここまで五話見た限りでは、原作のテイストを壊してはいないものの、新たな面白さを加えているわけでもない。 そう言いつつ最後まで見るとは思うけど。

◆第六話
ゼロの使い魔」第六話。わりと普通の出来という感じだろうか。原作よりは、ややルイズが可愛い感じかも。(ツンデレという言葉で言えばツンの部分がやや少な目のような)。大雑把には原作に忠実なので、わざわざアニメ見る必要はないかな……と言いつつ次も見る。

◆第七話
原作では第五巻の話をここに持ってきているわけだけど、話数の調整として、入れたのだろうか。 無難な出来で、単なるドタバタ。 このルイズが居酒屋で働く話は原作の方でもあんまり面白くないんだけどね。

◆第八話
原作ファンであるがゆえに敢えて言おう。
ゼロの使い魔」のアニメは普通に駄作ですよ。
どこかに致命的欠陥があるという意味での駄作ではなく、いろいろ節約して作っているのだろうな、という感じである。
原作の雰囲気はそれほど壊していないし、主人公がアホでタフである(そして意外と真面目)というこの作品の根幹部は守られているので、それはいいのだが、絵を見て楽しめないというのが最大の問題だ。
これは予算の問題なんだろうけど、それでもダメなものはダメだ。

◆第九話
一応見た。「ゼロの使い魔」第九話。相変わらず無難な出来映え。次回からは原作第二巻のアルビオン編になるのかな。

◆第十話
原作第二巻のアルビオン編。
第一巻の話を最初にやって、その後に第三巻以降のエピソードを挟んで、クライマックスに第二巻を持ってくるという構成だったらしい。作品の出来は悪くはないが、原作読めば充分だなあ、と毎回そればかり言ってるけど。

◆第十一話
エピソードの消化がちょっと雑に感じたのは気のせいか。
全十三話ということだが、途中でどうでもいいエピソードを挟むならアルビオン編をもう少し長くしてもいいような。
ややこしいから短めにしたということかもしれんけど。

◆第十二話
わりとよい出来かなと思った。
ルイズが普通に可愛いのが、原作ファンとしてはちょっと。

◆第十三話
最終回はわりといい出来だったかな。
全体として戦いの構図が大雑把というのはあるが、仮に緻密にしたらわけわからないし、こんなものでいいのだろう。

◆総評
原作の方が面白いとは思うが、アニメもまあまあの出来。原作の雰囲気はそれなりに守られているので、原作読むのが面倒という人はアニメで済ませてもいいのでは。
スポンサーサイト

タグ : ゼロの使い魔 アニメ

「スクラップドプリンセス」榊一郎



まず最初にこの作品の基本的な設定を言えば、パシフィカという女の子が世界を滅ぼす「廃棄王女」だと言われ、この子を殺さないと世界が滅びると宣告されてしまう、というものである。

つまり「パシフィカと世界の両方は救えない」というジレンマが物語の冒頭に示され、そこから話が始まるのである。

そして、いきなりラスト近辺の話に飛ぶが、小説版では、この「パシフィカと世界の両方は救えない」という設定に多少の調整がなされ、ラストに行く前に「パシフィカと世界は両方救える」みたいな方向で話は進んでいる。

しかし問題はアニメ版である。
そうした方が演出的に面白いと思ったのかもしれないが、最終回直前まで「パシフィカと世界は両方救えない」というのを全開にして押し出しているように思える。

もちろん小説とアニメ版はほとんど同じストーリーだし、問題とされている「世界」が、マウゼルによってコントロールされた<封棄世界>にしか過ぎないと描写されている点は同じだ。
要はハッピーエンドへの伏線を張るかどうかの問題なのだが。

アニメ版では<封棄世界>が壊れると、それこそ世界がバラバラになってやばいみたいな雰囲気である。
(小説版では、封棄世界を壊しても、それは決定的にまずいことではないというふうに途中から描かれていると思う。このあたりは榊一郎がうまく辻褄合わせをしたということだ)。

さて、この「すてプリ」の粗筋をもう少し詳しく振り返る。
まず、ヒロインのパシフィカは、王家の双子の妹として生まれた。
しかし「聖グレンデルの託宣」により、パシフィカを殺さなければいけないことになる。

原作第一巻の105ページによれば、
その託宣は、

「やがて王妃の胎の内より出でし双子の内、女児を誅すべし。その者、生まれ出でてより十と六の歳月を経た運命の日、世界を滅ぼす者なり。世界の秩序を打ち砕き、混沌をもたらす猛毒なり」

というものだ。
つまりパシフィカは世界を滅ぼす力を持っているので、殺されなければならない、ということである。

こういう託宣はこれまでに5111回くだされ、外れたのは二度しかないという設定である。
つまり託宣そのものがウソであるという可能性はあらかじめ排除した設定になっている。
(もっとも2回外れたというのが、逃げ道なのかもしれないが)。


ともかくパシフィカは殺されるはずだったが、いろんな事情で助かり、カスール家に引き取られ、ラクエル、シャノンの妹として暮らすことになる。
そして16歳の誕生日が近づく頃、命を狙われることになり、姉のラクエル、兄のシャノンとともに逃避行を続けることになる。
というのが物語の始まりである。


そして中盤あたりで明かされる世界の構図を説明すると、この世界は簡単に言えば、「神」によってコントロールされた箱庭のようなものであり、(その箱庭は<封棄世界>と呼ばれる)、パシフィカだけがそのコントロールを破壊する力がある。
ただし、その「箱庭」を壊すと大変なことになってしまう、というような話だ。
(小説版ではもう少し微妙に書いている)。


つまり最終回直前まで、(特にアニメ版では)、パシフィカと世界の両方は救えないという緊張感の元に話は進む。しかし最後ではなぜか、「神」である、シリア・マウゼルが身を引き、人々が自立して生きるというハッピーエンドで描かれる。
シリア・マウゼルはパシフィカと似た容姿に描かれる。
要は母親が娘に自立を促すような演出で幕を閉じているのである。


しかし冒頭で提示されていた託宣をあらためて読めばこれはかなりおかしくないだろうか?

再度引用すれば、

「やがて王妃の胎の内より出でし双子の内、女児を誅すべし。その者、生まれ出でてより十と六の歳月を経た運命の日、世界を滅ぼす者なり。世界の秩序を打ち砕き、混沌をもたらす猛毒なり」

というものである。

そしてこの託宣はシリア・マウゼルの発言であると考えて差し支えないと思う。
つまり猛毒だからパシフィカを殺せと言っていたシリア・マウゼルが最終回で「優しい母親」的なイメージで登場するという不自然さなのである。
(ちなみに小説版でも似たストーリーだが、シリア・マウゼルは必ずしもパシフィカの母親的なイメージではない)。


この作品の本来の構図は、

マウゼルの支配=箱庭の中の安定的な秩序
マウゼルの支配の消滅=破滅的な混沌

というものだったはずである。

そうでないなら、(つまりマウゼルがいなくなっても差し支えないなら)、パシフィカを16歳まで守り抜けばいいだけである。そこにジレンマは存在しない。

パシフィカとマウゼルの容姿が似ている理由も今ひとつわからない。
ただ単に「子供が親から自立する」という物語構造にすり替える目的で似させたとしか思えない。つまり最後の最後でテーマをすり替えるために付け焼き刃で似させただけであり、それ以前はまったく相容れないものであったはずだ。

この「すてプリ」の初期設定、つまり「パシフィカと世界の両方は救えない」という物語からすれば、本来なら黙示録をまともに描かなければいけないはずなのだ。
あるいは終末思想的な方向にいきそうな設定のはず、と言った方がいいだろうか。
しかし作者はそれを書かなかった(書けなかった)。そして黙示録をまともに描くのを避けた結果として、箱庭的な世界が壊れたのに、前とあんまり変わっていないという変なラストになったのだ。たいして変わらないならこれまでのストーリーは何だったの?
あるいは、この物語の設定の根幹である聖グレンデルの託宣は単なるデマだったのか?

「箱庭の崩壊」をまともに書くなら、「デビルマン」とか「エヴァンゲリオン」劇場版みたいにやるしかないだろう。
何というか榊一郎は手堅い作家である。
このテーマに真正面から取り組むとなると、作者にはある種の暴走的狂気が求められるんだが、榊一郎にはそういう"狂気"がなかった。

もっともこういうふうに、ハッピーエンドにするようなラストは予想出来ていた。
パシフィカ(廃棄王女)が"デビルマン"にならないのは、終盤まで「普通の女の子」以外の何者でも無かったことから、当然のことである。
仮にパシフィカを"デビルマン"にするなら、途中の段階で「普通の女の子」でない側面、つまりこの世界を破壊しようとするような人格的側面を描いていたはずである。
設定だけ見ると終末思想っぽい話なんだけど、キャラを見ていれば、たぶんそういう方向には行かずにハッピーエンドで纏めるのだろう、という予測は付くわけである。
つまりどういうことかというと、この作品のジレンマとは、あくまで(内面の問題ではなく)外的条件としてのジレンマでしかなかった。
「パシフィカと世界を両方救えない」という外的なジレンマである。
決してデビルマン的なジレンマ……、つまりパシフィカ自身が、複合的な葛藤として抱えているということではないのだ。
あくまで普通の女の子であり、決して綾波レイ化はしない。
パシフィカ本人としては、(彼女の内面の問題として)この世界を壊そうなんて気はさらさらないのだ。
ただ単にそういう能力を、人格とは別のレベルで付与されているというだけのことである。
単純に言えば、パシフィカは天使と悪魔の合体したような存在ではないのだ。
本人はあくまで普通の女の子なのである。

本人が引き受ける気がない運命を負わされているというのが、この作品の特徴といえば特徴なのだ。
そして廃棄王女でありつつも、パシフィカは至って普通のキャラであるというのはミステイクではなく、そういう作品なのである。
設定的には「最終兵器彼女」みたいな悲劇的テイストの方がしっくりくるんだけど、設定とキャラが合っていないというのがこの作品の魅力でもあるのだ。


まあこうなった理由として、この作品が元々はドラゴンマガジンの競作企画として書かれたからだというのがあるのかもしれない。その最初の原稿の内容はわからないが、「パシフィカが死ぬか世界が滅びるか」という設定だったのだろう。ハッピーエンドがあり得ないと最初に設定してしまった。榊一郎はその段階では長期連載になると思っていないから、最初に提示した「パシフィカが死ぬか、世界が滅びるか」というジレンマの扱いに苦慮したのではなかろうか。
そしてハッピーエンドがあり得ない設定でハッピーエンドにするために「世界とパシフィカのどちらかが滅びる」という構造を相対化したのである。
別の可能性もあるよと。
良くも悪くも小説版ではそのあたりがうまく軌道修正されていて、二者択一を無くしてしまったのは見事といえば見事である。バッドエンドしかあり得ない設定をしたのに、その設定を巧妙に崩し、廃棄王女が今の世界を壊しても問題ないですよと、ハッピーエンドで終わらせたのは、小説版ではうまくやれている。

「よくわかる現代魔法」桜坂洋



一応第五巻でひとまず区切りで、続きがあるのかないのかわからないという状態。たいていこういう場合、続きは出ないようである。

第一巻は面白かった。
ラノベっぽいサイバーパンクの新しいかたちとしてエポックメイキングであるとさえ思えた。
少なくとも自分は鮮烈な印象を受けた。

サイバーパンクとはなんぞやといえば、それはコンピューターやネットワークの知識を元にしながらも、実際には不可能なことを書くことだ。
典型的なのは、ネットワーク上に人格が生じるというようなものである。
現実にプログラム可能な範囲内で物語を書くとなるとプログラマーの話になってしまう。それはサイバーパンクではない。ある程度コンピューター用語を使いつつ、実際には出来ないことを織り交ぜる。

古典的なサイバーパンク自体は時代遅れのものになったが、この「よくわかる現代魔法」はあらたなサイバーパンクである。コンピューター用語を使い、コンピューターの知識を散りばめながら、それで現代魔法を使うという。そのあたりの飛躍のさせ方が、少なくとも第一巻ではなかなか上手いと感心した。

問題は第二巻以降である。
桜坂洋は現在では筆力の高い作家として定評がある。
この「よくわかる現代魔法」は彼の文章力の成長過程を見せていて、それはそれとして楽しめるのだが、単純にお話だけで判断すると、(第二巻以降は)、魔法バトルにコンピューター用語を当てはめているだけという印象を受ける。
つまり第一巻では、コンピューターを巡って不可解なことが起こり、そこから魔法バトルに発展するサスペンス的な流れなのだが、(ある意味ホラーと言ってもいいかもしれない)、第二巻以降では魔法バトルにコンピューター用語を貼り付けただけ。
魔法の名前をコンピューター用語にしてみた、という感じだ。
普通のコンピューターの話に怪奇現象が絡んで魔法の話にシフトしていくという絶妙の面白さがあるのは第一巻だけである。
もちろんこれはやむを得ないことだ。
第一巻で「現代魔法」について説明してしまったのだから、第二巻以降で、<コンピューターから怪奇現象みたいなのが生じて……>というサスペンスの流れはもはや出来ない。
だからコンピューターに絡めた魔法バトルにするしかないのである。

ライトノベルにおいては、「魔法が使えるから使います」で適当にやるのではダメで、ある種の起動原理を説明する必要がある。
その魔法の原理にコンピューターを使ってみたという点だけでも斬新ではあるのだろう。
第二巻以降も、そういう(コンピューターを起動原理にした)魔法バトルとしてよく書けているのだろう。
ただ、やっぱり第一巻が物語として一番面白い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング