Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失うこと、得ること、の繰り返し

物語は、失うことと得ることの繰り返しだとも言える。
一番素朴な例で言うなら、正義の味方が登場するためには、悪者が何かを奪い取っている状況が必要だ。それを奪い返すことで物語になる。

失われたものを取り返す、それが物語だ。
あるいは、そういう構造がきちんと作られている作品が名作と呼ばれるのかもしれない。

失われたものを取り戻してハッピーエンドになるとは限らない。「新世紀エヴァンゲリオン」を越えるアニメがないのは、あの作品が原罪的だからだ。究極過ぎる<物語>なのだ。ストーリーをよく見れば、意外と碇シンジが活躍してるんだけど、印象としては敗北感が強い。活躍しても安定を取り戻せないのである。喪失と獲得を繰り返し、そして過度なまでに安定が覆される。
得たと思えば、それより大きく失うような。。。
もちろん主人公に試練が次々訪れるのは、作品の王道なのだが、その中でもエヴァンゲリオンは、かなり反復強迫的である。シンジは受難者という意味での聖者なのである。初期的な喪失感がいつまでも埋まらないというのは、人間の原罪に立ち返らせる。フロイトの反復強迫の説明で、赤ん坊が、自分で「いないいないばあ」をやるエピソードが出てくるが、まさにそれなのである。得られない状態から得る状態への移行が欲望の達成なのだが、ある意味、得られない状態そのものが人間の本質である。そういうマゾ的な反復強迫が原罪であり、エヴァンゲリオンなのだ。そしてそういう欲望の源に立ち会わされる我々は、いつまでもエヴァを越えられない。

普通の名作であれば、エヴァほど極端にはやらず、喪失と獲得の等価交換の話になるのだろう。
あるいはトラウマ持ちの(初期段階で何かを失っている)アニメ主人公というのは、大作に共通する傾向である。

まあ現実の人生だと、得られるか得られないかは最初からわりと決まっている。それは私もあなたも、神話的な人物ではないからだ。漠然としあわせだったり、漠然と不幸だったりする。妥協して無難に調整しているからだ。根っこで持っている<物語>を生きているわけではない。だからこそフィクションを求めるのである。
スポンサーサイト

ライトノベルを買うのが恥ずかしい問題

ライトノベルを買うのは少し恥ずかしいと思う。
店員が「こんなの買いやがって。ゲラゲラ」みたいに笑う内面を想像して自意識過剰になったりするほどでもないが、ある種の気恥ずかしさはある。漫画を買うのは恥ずかしくないが、ラノベは恥ずかしい。これは何故だろう?

ラノベは、「萌え」としてパッケージされているのが、恥ずかしい理由の一つだろう。
そういうパッケージ商品なのだ。
漫画と似ていても、何となく違うのである。
それは必ずしもマイナスではないだろう。たとえばアダルトビデオのパッケージは明らかに恥ずかしいが、しかし売れるわけである。アダルトはアダルトとして売っているわけだ。

つまりラノベの恥ずかしさは、ある種の購買層に向けて絞り込んでいるもので、それは決して間違いではない。ズレたことをやっているわけではなく、むしろジャストミートしているわけだ。秋葉原でメイドやコスプレをするような似つかわしさがあるのだ。

結論的に言えば、ラノベが絞り込んでいる対象に自分が入っていることが恥ずかしいのかもしれない。漫画を買うという世間一般的な行為とは対照的な、「ラノベを買う人」という属性の気恥ずかしさ。

「聖剣の刀鍛冶」は意外と面白い



原作はMFJ文庫のラノベだが未読。
現在放映中のアニメだけ見ているわけだが、意外と面白い。
(今のところ第七話まで)。
世界観は、かなり古臭い異世界ファンタジー。この段階で脱落者が出るだろうが、やむをえまい。ヒロインは誇り高き元貴族の剣士だが、あまり強くない。ある種の王道でもあると思う。これをルークという男性キャラが助ける格好で、軽いラブコメみたいな関係でもある。

今のところ、あまり大きく展開する話にはなってないのだが、基本的に善意に満ちた作風であり、登場人物もほのぼのしていてよい感じ。たぶんストーリーは大味で、雑だとも言えるだろう。だが、出てくる女の子たちが結構萌えるので、それも構わない。

要するに、世界観やストーリーは凡庸。魔剣で悪魔と戦うとか、そういうつまんない設定だから、キャラクターを楽しめるかどうかが鍵になる。キャラに感情移入、あるいは萌えるのが難しい人は、序盤で見切るべき作品だろう。私は、この作品のキャラに萌えるので、最後まで見ると思うけど。

「黒子のバスケ」



週刊少年ジャンプで連載中のバスケ漫画。
コミックスは現在第四巻まで発売中。

主人公が試合の中で黒子に徹して、独特な力を発揮していくという設定。超能力とかオカルトというほどではない。ある程度現実っぽい能力と言っていいだろう。超人スポーツ漫画ではなく、ある程度等身大の作品として読める。

この作品は非常に読みやすい。最近の漫画にありがちな余計な脱線や、ややこしい設定がないからかもしれない。ストーリーに必要なことだけが描かれ、物語がちゃんと展開していく。冗長性がなく、とてもシンプルなのがよい。(人によっては雑な作品に見えるかもしれない)。「スラムダンク」と比較すると、劣ってしまうのかもしれないが、シンプルでエキサイティングな作品として、とても楽しく読める。少年漫画としてオーソドックスで秀逸な作品だと言えるだろう。

気になるのは試合の描写を端折っていること。仮に試合を詳細に描いてしまうと「黒子」として活躍することが、ちょっとリアリティー不足になるからかもしれない。ある程度リアルな作品なのだが、完全なリアリティーを追求するとおかしくなってしまうだろう。冷静に考えたら、非現実なプレーだらけになるはずだ。「黒子」としてゲームの中で機能するのを詳細に描き続けたら、作品の破綻になるのだ。だが、これは欠陥ではないだろう。これはこういう作品なのだ。普通に読んでいて、リアルな感覚を失わない。漫画的な意味でバランスよく説得力のある作品だと思う。

「キディ・ガーランド」はそろそろ見切るか



かつて「キディ・グレイド」という、とても素晴らしい作品があった。第一話がパンチラなどの無駄な露出が目立つ作風だったため誤解されている部分もあるが、かなりエキサイティングで続きがとても楽しみなSFアニメだった。

その続編である「キディ・ガーランド」が現在放映中。前作とは主人公も違うので、この作品から見ても違和感はないだろう。

第五話まで視たのだが、ここまでずっとコメディである。
あの「キディ・グレイド」のシリアス展開はどこにいった?
同じようなスタッフで続編を創って、全然違う作品になるなんて……。

なんとなく「宇宙をかける少女」の失敗と重なる。あの作品もドタバタやっているうちに終わってしまい、人々の記憶から忘れ去られた。「キディ・ガーランド」は作画はかなりよいので、一応は見られるんだけど、このままドタバタが続くなら「宇宙をかける少女」と同等の作品という評価をせざるを得ない。

前作の「キディ・グレイド」がとても素晴らしい作品だっただけに、期待はずれの印象が強い。
まあもう少しだけ見るか。。。。

「エヴァンゲリオン」はレッテル貼りと戦う作品

かなり久々に昔の「エヴァンゲリオン」を通して見た。

話の骨格は今でも充分面白くて、一気に見ることも可能。
昔の印象と少し違っていたのは、シンジが意外と活躍している。というか、活躍して何かを手にしたように思えては、それがすり抜けて後戻りするのがこの作品だ。昔の作品で言えば「巨人の星」に構造が似ているかもしれない。

この作品では、シンジがエヴァに乗らないことで罵られる。
シンジはエヴァに物理的強制を持って乗せられることはない。
たとえば軍人がシンジを羽交い締めにしてエヴァに乗せるなんてことはないわけだ。
あくまでシンジの主体的な決定によって乗るわけである。
周囲が人格攻撃を行いながら、シンジに促すわけだ。
「怖いの?」「逃げるの?」「臆病者」という具合にマイナスのレッテルを貼る。
シンジはマイナスのレッテルと戦うわけだ。
使徒と戦うというよりは、自分に貼られたレッテルと戦うのである。
周りの大人は責任を負わない。
説得役が保護者のミサトであることが多いのも、なんか教育ママのようで、ある種の共依存を思わせる。

もちろん14歳の少年を戦闘兵器に乗せることを、リアルに考える必要はない。
そういう観点から批判をするとすれば、野暮だろう。
「エヴァに乗りたくない」というのは、ある種の隠喩であり、それと戦ったわけだ。たぶん視ていた人達も。自分に貼られたレッテルと戦う作品として、多くの人が共鳴したのだ。

のび太がしずかちゃんと結婚するのは

「ドラえもん」で、なぜのび太の未来は、しずかちゃんと結婚することになっているのだろうか?
これは、あの作品がヒーロー願望を描いたものだからである。ヒエラルキーの低い人間がこじんまりと生きていく話ではないわけだ。(たとえばスネ夫は主人公になり得ないわけだ)。
のび太は、ロースペックではあるけれど、ポジションがある種のヒーローなのである。子供が小さい頃「自分は将来何にでもなれる」と思ったりするような意味でのヒーローなのだ。ヒーロー願望としてのヒーロー願望なのだ。そういう願望に基づいた少年期の在り方なのである。しずかちゃんと結婚する未来とか、あるいは将来は立派な人間になるらしいというのも、そういうことである。
もちろんそういう少年期の願望は、願望でしかない。このあたりはフィクションのファンタジックな問題で、のび太には、明るい未来が用意されているわけだ。これは現実なら叶わないのだろうけど。少年期に夢見た場所には、人はたどり着けないのだ。

「とめはねっ!」



この作品はヤングサンデーが最初で、休刊になったあとは、スピリッツで連載中。
単行本は五巻まで発売中。
この作者の昔の作品の『帯をギュッとね!』は、主人公に彼女がいたり、どうも苦手な作品だった。
この「とめはねっ!」の方は、かなりオーソドックスな少年漫画である。
少年漫画が好きな人はすんなり感情移入出来るはずだ。

内容は、女の子たちが書道をやる作品である。
というと萌えみたいだが、そうではない。
主人公の男子一人と女の子が四名という組み合わせだが、ヒロイン以外は脇役。
別の学校の女の子が主人公に好意を持っており、ヒロインがそれに嫉妬することで、古典的なラブコメ風になっている。
この作者の絵柄も古いので、昔ながらの少年漫画を貫いているのはいいことだろう。

いずれにせよ、この作品はとても面白い。
2010年にNHKでドラマ化されるそうである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング