Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「えむえむっ!」はいろんな意味でB級作品



原作未読なので、アニメを適当に視た感想。
第二話まで。

「イカ娘」みたいに絵だけ見てれば楽しめる作品もあるけど、「えむえむっ!」の作画レベルは酷すぎる。
これだけ低レベルだと、絵で全然楽しめないからなあ。
作品内容はくだらなくて面白い。
男性主人公がドMという設定なのだけど、B級のコメディとして楽しめる。
なんとなく見たり見なかったりする程度の作品かな。
アニメ自体の出来は正直悪いので、原作者の人は可哀想かも。
まあMFのラノベをアニメ化するとよくある現象。
スポンサーサイト

「ちゆ12歳」とその時代



出来るだけ面白い文章を書こうと頑張っている人は、今の日本のインターネットには一人もいない。下手に人気が出ると変なのが湧いてくるし、いろんな意味で薄味の更新をした方が得だからだ。つまんない人最強の時代だ。

10年前は違っていた。誰もが、出来るだけ面白い文章を書こうと頑張っていた。それが面白かったかどうかは別だ。あくまで意欲の問題。多くの場合は滑ったり寒いことになるにせよ、出来るだけ面白く書くというポリシーがあったのだ。

そういう時代の中で最高峰のポジションにいたのが「ちゆ12歳」と「侍魂」だった。「ちゆ」は一日10万アクセス。「侍魂」は一日20万アクセス。2ちゃんねるのコピペではなく、自力で書いた文章にこれだけの人が殺到していたのだ。決して彼らは長期間活躍できたわけではなかった。命を削るように面白い文章を毎日捻り出していたのだからネタが枯渇するのは当然だ。ギャグ漫画家の多くが短命なのと同じ理由である。惰性で流すように作ることが出来ず、ひとつひとつのネタを難産の末に産道から絞り出す生活。その後に待っているのは抜け殻だ。今では、ちゆ12歳の活動も停滞してるし、侍魂もやってないし、その根底となっていたテキストサイト文化も事実上消滅した。今でもやってる人はいるけど、ネット上のムーブメントとしては終わったのだ。面白い文章を競い合う熱気は遠い日のことである。

そんな「ちゆ12歳」が本を出すという。残念ながら書き下ろしではなく、いろんな雑誌のコラムをまとめたものになる模様だ。今回の出版はたぶん懐古的な文脈の中で消費されるだけだと思う。この書籍の内容そのものが話題性を持つことはないだろう。ただ、こうやって全力で面白い文章を書く人が消滅してしまった日本のインターネットを悼むのである。

「俺妹」第二話

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は最近のラノベだと「僕は友達が少ない」と並んで面白く、極めてレベルが高いわけである。
ある意味、原作だけで100パーセント楽しめるからアニメはいらないと言ってもいいくらいだ。

さて。

アニメの第二話。
この作品のメインヒロインは一応は主人公の妹(桐乃)だが、実質的にはゴスロリ美少女・黒猫である。

第二話から黒猫が登場することで、本当の意味で始まったと言っていいだろう。

アニメの黒猫はちょっと洗練されすぎているように思えた。
私としては、もう少しキモイ感じのキャラにして欲しかったんだけど。。。
このあたりは製作者側の判断でもあるだろう。
清楚な色づけになった。

何にせよ、アニメの方はかなり力が入っているという感じ。

そう言えば沙織は、かなりよいキャラというか原作通りの愉快な女性に描かれていた。
やっぱり黒猫だけ原作とは微妙に違うかな。。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第一話



ラノベとしては、原作的にかなり面白い作品と言っていいだろう。

イラッとくる妹とのやり取りから始まるので、不愉快にはなるのだが、まあハルヒ的なキャラの立て方である。
(つーか、担当声優の竹達の声が平野綾みたいな感じで、ほとんどハルヒだったな)。

女の子が実はオタクでしたみたいなのは乃木坂とか、まあありがちなんだけど、いいでしょう。

この作品は、本当の意味でのヒロインの黒猫が登場してから、面白くなる。
第二話で黒猫が出てくると思われるが、黒猫の可愛さに魅了されれば、顔面を叩き潰したくなるような妹の生意気さはどうでもよくなる。
妹はもはや脇役となる。

第一話を見た限り、原作を無難にこなしているので、黒猫の描き方も無難にやってくれるだろう。
黒猫さえ可愛く描けていれば、このアニメはかなりヒットするだろう。

そらのおとしものf (フォルテ)第一話



「そらのおとしもの」の第二期。

第一期はドタバタ劇と「かわいそうな女の子」に優しくしてあげるみたいなシリアス展開で、Key作品風の泣けるテイストがよかったのだけど、ああいう展開には決着が付いたわけである。
原作未読なので、これからどういうストーリーになってるのか知らないが、いい感じで区切りが付いたのに第二期が作られてしまった……という印象。

さて。

第一期終盤が好きだった私にはどうも蛇足に思える第二期。
とりあえず第二期の第一話は、今まで通りのお馬鹿なドタバタということのようだ。
まあ、その部分は変わらないだろうけど。

ここからのストーリーが果たしてどうなるのか。。。
ドタバタだけずーっとやって終わりというのは勘弁して貰いたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング