Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺妹のアニメはシリアス色が強いので、見ていて楽しくないんだよね

原作ファンがアニメに文句を付けるというありがちなことをやっておこう。

まだ第五話までしか進んでないが、ここまで見て明らかなのは、俺妹のアニメは原作と違ってシリアス色が強い作品だということ。
ストーリーの捉え方と作画の両面においてシリアス系なのです。
作画に関して言えば、表情とか仕草はもう少しコメディタッチにして欲しかった。
「らき☆すた」みたいに、とは言わないまでも、「けいおん!」程度にコミカルな部分を出してくれれば……。

作画自体はすごく綺麗で力入ってるので、それはいいんだけど、見ていて楽しくなる絵面ではないんだよね。
これは監督の責任だと思います。
実質的なヒロインである黒猫も普通のゴスロリ美少女にしてしまってる。
原作のコミカルで楽しい部分が全然伝わってこないですよ。
黒猫はすごく変わってて面白い女の子なんだから、その辺を出してくれないと。

俺妹はシリアス展開もするコメディなんだけど、このアニメの監督は普通のシリアスなアニメみたいに作ってるから駄目。
予算はかなり使って綺麗な絵にはしているけれども、原作が持っている楽しさを出せてない。

原作の面白さは最高レベルなんだけど、アニメは残念なことになるかも。
ヒットはするだろうけど、「らき☆すた」に比べたら全然劣るオタクアニメです。
……と原作ファンとしては思うわけです。
というより、「らき☆すた」とは全然方向性の違うアニメですね。
黒猫はこなたに匹敵するくらいに楽しい女の子なのだから、それをちゃんと表現して欲しかったです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング