Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女が魔女になるという円環に深い意味は無かったよね

かなり久々にレビューを書きます。「まどかマギカ」最終回を見た直後の感想を殴り書きで書きます。ペンを走らせては紙を破いていくような格好なので、後から見解がまったく変わっていてもご容赦いただきたい。
さて、率直な感想を言えば、「まどかマギカ」はコードギアスくらいの作品だ。名作ではあり、かなり面白かったが、エヴァには到達できなかった。なぜなら魔法少女が魔女になるという永遠の円環が、あくまで設定のパズルでしかなかったからだ。エヴァのように人間の本質を問うたわけではない。「まどかマギカ」はプラモデルをどのように組み立てるかという類の課題であり、人間的に問い掛けるテーマとしては着地できなかった。
魔法少女が魔女になってしまう解決不能性が第十話までの難題だったわけです。東日本大震災によって持ち越された第十一話・第十二話で、そのテーマをどのように消化するのかというのが見所だった。
その消化の仕方次第ではエヴァ級の作品になると思っていたが、実際は、キュウべえに願いを叶えて貰うということだった。解けないはずのパズルを、最も安直な解き方で解決した。コロンブスの卵過ぎて、予想出来ませんでした。ともかく、魔法少女のまま戦い続けるから魔女が生まれない、みたいな解決。少なくとも視聴直後の私はここに深いテーマを見いだすことは出来ない。
こう書いているとdisりまくっているようだが、第十話までのサスペンス性は見事だった。果てしなくエキサイティングなサスペンスで最終回手前まで引っ張ったのだから、かなりの期待もしたのだが、まあ安直な意味でのセカイ系的な解決でした。
まどかマギカはコードギアスくらいの作品という評価を私はしたが、終了後に継続して消費できるという点ではまどかマギカの方が圧倒的だ。コードギアスだと萌えがないし、話が終わればそれで終わりだ。まどかマギカは、終わってからでも楽しめるし、商品もかなり売れるでしょう。
スポンサーサイト

「止め絵」より「動き」を重視した緋弾のアリアは爆死する

1302800079644s.jpg

スレをまとめようと思ったんだけど、作品が普通だからなのか、あんまり考察もないので自分のレビューを少し書いておきます。昔のオタクは、アニメの動きを見て楽しんだと言われます。今のオタクは止め絵の綺麗さを最も重視します。「緋弾のアリア」。動きは結構楽しかったですね。昔のアニメを見ているかのような動きの面白さ。こういう面白い工夫をしている作品は最近はあんまりないので、懐かしいというか新鮮でした。問題なのは、動きを重視したためか、止め絵があんまり可愛くありません。止め絵を鑑賞する最近のオタクには合わないアニメです。ISの後枠だから、同じように売れるという人がいます。(確かにISとアリアはテンプレ的という意味では似てます)。ただ、やっぱり作画面で、ISは止め絵の綺麗さを持っています。オタクの観賞向けとしてISは受け入れられた。それに対して「緋弾のアリア」は、観賞して楽しめるような止め絵の綺麗さがないです。そこそこ売れるでしょうが、前評判倒れと予想。




おすすめ記事
大学生以上でさ、高校の学園ものアニメ見てつらくならないの?
【芸能】フジテレビ・秋元優里アナ、帰国子女だから漢字はニガテ?現場リポートで恥ずかしい読み間違い
バガボンド完全一致実写キャスト一覧完成したwwwwwwwwww
悠木碧のホームページの一昔前感
女の子と遊ぶためには自分の興味ないことまで勉強しないといけないのがつらい
今の声優は顔はアイドル、声も可愛く、演技も上手。  『最強の職業』
【閲覧注意】うんこしてもケツ拭かなくていい方法考えたwww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング