Headline


「EVER17」(ネタバレ注意)



エントリー数が足りないので昔のゲーム作品のレビューで埋めています。

「EVER17」は何も知らない状態でプレーした方が面白いので、未プレイの人は以下の文章を読まないでください。


素晴らしい作品です。

まず素晴らしい点は(3Dで動くわけではないですが)CGで作られたデザインがカッコイイ。
操作性がいい。
絵柄の出来もよい。
SF設定も緻密でいい。

シナリオ以前の部分がとてもよく出来ているわけです。


ただ最初の部分のSF設定の細かさがカッコイイと思うと同時に退屈だというのもありました。
掴みとしてよくないのです。
カッコイイ感じにまとめているけど、シナリオの出だしとしては面白くないのです。
包装紙は綺麗だけど、中身がスカスカという印象です。

このゲームは一応並列型ノベルゲームです。
同じスタート地点から毎回始めて、それぞれのヒロインのエンディングを見ていくというタイプのゲームです。

ノベルゲームは大雑把に並列型と直列型があると思うのです。
直列型とは、ヒロインの攻略順が決まっていて、ひとりクリアするごとに物語が進行していくゲームです。

EVER17は表面上は並列型です。

このゲームの場合、

・ヒロインの物語
・閉じこめられたところから脱出する物語

のふたつの側面があるわけです。

この作品は並列型であるために、「脱出する物語」の部分が、周回するたびにダレるのです。
あるいは「極限状況もの」としてよく描けていない。
まあ極限状況でキャラがいがみ合うとこの作品にふさわしくないので、そのあたりは意図的に緩くしたのかもしれないです。
ともかく周回するたびに一応のエンディングに辿り着くので、状況の物語としては、並列型であることによる悪い面が出てます。
全然緊迫感がないのです。

一周目の中盤あたりからはドキドキしながらプレー出来たのですが、何周かしていると、わりと作業になってしまう。

しかし、そのだるさがひっくり返るのが最終章のココ編です。
これによって、今までのストーリーがひっくり返るのです。

雑に言えば、このゲームは「叙述トリック」です。
叙述トリックとは何かというと、たとえばAという人物が語っているのかと思ったら、実はBという人物が語っていたということです。
つまり文章の記述の仕方によって仕掛けるトリックです。
そういう叙述レベル(描写レベル)での仕掛けがあるわけです。
最終章で、そういう仕掛けを全部バラしていくタイプのストーリーなわけです。

最終章の前までは、普通の並列型ノベルゲームに見えるわけです。
それぞれのヒロインに物語があって、それぞれエンディングがあっておしまい、という。
でも実際は、最終章(ココ編)で、今までのエンディングが解きほぐされます。
最終章で、今までのストーリー全体が痛快に説明されて連結されていくわけです。

やっぱりこのゲームはある種の叙述トリックだから、ネタバレになるので語りづらいですね。
ネタをあらかじめ教えた上でプレーさせたら楽しめるかどうか。
トリックのネタばらしというのは、どんな場合でも禁物ですが、これは叙述トリック系なだけに、特に厳しいです。

同じ建築物を建てるというトリックは、とある推理小説で読んだような気がします。
というより、「同じ構造の部屋だっただけで実はまったく別の場所の部屋だった」みたいなのは、わりとよくあるトリックです。
簡単に再建出来るものだと、ありがちな設定になってしまうので、海中テーマパークの再建というところまで大きく出たということでしょうか。
そこまで派手にやらないと、ありがちなトリックになってしまう。

他にも、「これはちょっと無理なのではないか」という部分はありますが、漫画的な設定だと考えれば、かなり楽しめる作品だと思います。
それぞれのヒロインのルートに関しては、攻略時間が短くなるような工夫をして欲しかったです。
このゲームは肝心の最終ルートに入るまでが長いので、それがかなり難です。
最後までプレイしないと意味がない作品なのだから、途中を短くするようにして欲しかったですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
アクセスランキング