Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「寄生獣」と「まどかマギカ」

寄生獣 全8巻 完結コミックセット寄生獣 全8巻 完結コミックセット


講談社

Amazonで詳しく見る by AZlink


たまには普通の記事でも。個人的な感想文です。

本とか漫画があまりにも溜まりすぎてるので、ここのところ古い名作とか読み直してから処分してるんです。 名作なら、後から買い直したり、漫画喫茶(ネットカフェ)で読むの簡単だからね。 そんな感じで、今回一気読みしたのが「寄生獣」。

気になったのは、事件の規模とか、それをどこで解決するかです。 まどかマギカのことを考えながら読んだりしてました。

「寄生獣」は地理的に主人公の近辺の話です。 もちろん厳密には、あちこち行ったりするんだけど、世界中を救うという話ではない。 そして、主人公の近くのラスボス(後藤)を倒したら、そこでお話は解決です。 そこ以外にも寄生獣(パラサイト)はいるけども、何となく沈静化したと説明される。

主人公の近所でしか事件が起きないというのは、漫画のお約束として認められてます。 探偵がいるところで毎回殺人事件が起こるのが認められているのと同じ。 「寄生獣」でも主人公が世界を巡って、各国各地のパラサイトと戦う必要はないわけです。

「まどかマギカ」に話を移しましょう。 まどかマギカにおいては、最終話手前まで、主人公の周囲の問題だけです。 近所の魔女を倒すだけ。 漫画的なお約束として、オーソドックスなわけです。 そしてワルプルギスの夜がラスボス的に位置づけられていました。 これが主人公の近所にやってくるので、オーソドックスには、ワルプルギスの夜を倒せば解決になります。 漫画的なお約束として、他の国とか地域のことは無視してもいいわけです。

もちろんみなさんご存じのように、まどかは宇宙全体を救います。 ワルプルギスの夜を倒して「主人公の世界」の問題は解決、というお約束を使わなかった。 理由としては、魔法少女が魔女になるという法則があります。 漫画的にはワルプルギスの夜を倒せば解決なんだけど、いずれまどか達は魔女化するのでは、という疑問が生じますよね。 まどかマギカの最終回は、設定上の理由もあり、近所のラスボスを倒して終わりということには出来ませんでした。 もしくは、ラスボスを倒して終わりという漫画的なやり方では収まらない魅惑的な設定だったから、あれだけ大ヒットしたとも言えます。


魔法少女まどか☆マギカ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
悠木碧,斎藤千和,喜多村英梨,野中藍,加藤英美里,新房昭之

アニプレックス
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る by AZlink
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 寄生獣、あんま意味ないなw
  2. 寄生獣をまどかの踏み台にするなよ・・・
    あと二作品の類似点というと主人公の苦悩と決意の面からもいろいろ考察できそうだよね
  3. 主の久しぶりの解釈を聞けてなんだか懐かしい。
    もっと感想とか書いてほしいなぁ。
  4. シンイチがいてもいなくても世界の大勢は何の変わりも無い寄生獣と
    ご近所の関係性から宇宙全体に飛躍するまどかマギカっていうと
    セカイ系云々の話になりそうに思うんだけど。
    このblogでもその話題は何度か取り上げてるし主自身の見解が聞きたいな。
  5. 俺も真っ先に寄生獣が思い浮かんだ
    類似点多いよね。
    寄生獣でおれが一番好きな「他の生物が人間の感情を理解してくれた」って部分に限ってはそうじゃないけど

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング