Headline


幼馴染み系の話が好まれるのは

幼馴染み系の話が意外と好まれるのはなぜだろう。
有り難がられているのはフィクションの中だけだろう。
(リアルで需要がないのに、フィクションでは妙に好まれる)。
また、忘れていた記憶を取り戻すみたいな話と結びつきやすいのは何でだろう。

人間というのは、幼少期は、人間関係が曖昧だったりする。
必ずしも友人グループを固定しない。
近所の人間の方が遊びやすいので、近所の人間と友達になるというのはあるだろう。
でもそれほどグループ化はされない。
結束力は弱いわけだ。

フィクションで幼少期の記憶の回帰というのがよく出てくる。
これは必ずしも不自然ではない。
小学校低学年の頃というのは、人間関係が緩いから、「忘れている」わけだ。
記憶喪失というわけではなく、曖昧だから印象に残らない。
乳幼児の頃だとそもそも記憶が無いが、5歳とか7歳くらいの記憶は、何となくぼんやりしている状態とも言える。
そういう曖昧領域に確保されている記憶がフィクションではノスタルジックに扱われやすいのかもしれない。

幼馴染みとの関係などに関して、その実状はどうなのか?
実際の人間関係に即して言えばフィクションと事情は違うだろう。
小学校一年生の頃に友達が引っ越して別れたりして大泣きしても、その後再会したらあんまり感動が無かったりすると思う。この頃は人間関係が不分明なので、一時的には大泣きしても後はあっさりなわけだ。だからこの時期の想いがその後の人生でも引き継がれるというのは、フィクションならではのものである。でも曖昧さゆえにイノセントに描けるのだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
アクセスランキング