Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

三鷹さんみたいなライバルってラノベでは出てこないよね

男が読むラノベで、ライバル登場!という場合。
たいていは、ヒロインとは別の魅力的な女の子が現れたという意味である。

「めぞん一刻」の三鷹さんみたいなライバルが現れるという展開は少ない。
主人公周辺にイケメンがいても、空気キャラだったりする。あるいは登場機会が多くても、ヒロインとは完全に疎遠だったり。そのイケメンとヒロインが恋愛に発展するような兆しすらないわけだ。

三鷹さんみたいなイケメンのライバルは禁じ手というわけではないと思う。一般的な物語では、三鷹さん的なライバルを登場させるのはオーソドックスだ。

でもラノベだとあまり見掛けない。
「ゼロの使い魔」だとワルドというルイズの初恋の男が出て来て、主人公ピンチということがあったが、でもワルドは悪役として消えていったので、やはりダメなのか。

主人公を複数の女の子で奪い合うという話でないと、大きなお兄ちゃんの琴線には触れないのだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング