Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お互いの手札が明示されている異能者バトルはとても少ない

スポーツ漫画と異能者バトルが違うのは、スポーツ漫画の場合、変な裏技が無いこと。野球漫画で、打球を10個に分裂させてスタンドに入れて10点とかいうのはありえない。まともなスポーツ漫画では、変な裏技はない。

異能者バトルはそれと対極である。異能者バトルは手札が不明なカードゲームのようなものだ。将棋のような完全情報ゲームではない。

相手が何をやるのかわからない。
相手の手札がわからない。
ルールがわからない。
(読者から見て)主人公の手札がわからない。

これが異能者バトル。

サッカーに喩えたら、選手の数が途中から100倍に増えるとか、ゴールの数が三千個に増殖とか、そんな具合である。

もちろん手札が最初にすべて明示されている完全情報な異能者バトルもあり得るだろうけど。
そうでない作品の方が大多数だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング