Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「個人サイト」とは、ある限られたサイト群のことなのか

これは最近の話というよりは、一昔前によく思っていたこと。

個人サイトとは何か?
個人がやっているサイトのことです。

でも、「個人サイトについて語る」みたいな文脈になると、普通の趣味の個人サイトは個人サイトとして認識されないのです。

たとえば個人サイトを語るという場合、囲碁や将棋の個人サイトは語られるのか?
麻雀の個人サイトは語られるのか?
野球やサッカーの個人サイトは語られるのか?
料理や編み物の個人サイトは語られるのか?

語られないですよ。

育児の個人サイトとかたくさんありそうだけど、それをわざわざ語る人はいない。
自転車や自動車やバイクが趣味の人のサイトがあるとして、それをわざわざ語る人はいない。
釣りやゴルフなどのアウトドアの趣味のサイトも語られない。

単純に言えば、PCやオタクに関係のないサイトは語られない。

そして語られるのは、「サイト群」を形成した場合ですね。
この場合でも将棋の個人サイト同士が仲良くやる程度では「サイト群」とは言えない。

なお、「語られる・語られない」と私が言っているのは、それが存在の認識の問題として重要だからです。
語られることで他人から位置づけられるのですから。
もちろん「他人から位置づけられる」必要などないんですけどね。
将棋の個人サイトを細々やっていて、ある程度の閲覧者がいたとする。
それは興味のない人の視界には入らない。
他人から語られるところの「座標軸」には存在しない。
それはそれでいいのかもしれないです。

ともかく、「ネットについて語る」みたいな場合、PCとオタク系のサイトのことしか語っていない人が多いのではないか、という話。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング