Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

要領がいいのは理想的なのか

リアルとフィクション半々くらいのエントリーです。

現実において。
「要領がいい」というのは、あまり理想的だとは思われていません。「要領がいい」というのは褒め言葉ではないし、「要領がいい人物」というのは理想的な在り方だとはされていない。
不思議なことです。
要領がいい方が人生に於いて得なのに、なぜか理想的だとは思われていない。
親が子供を理想的に育てようと考える場合、「要領のよさ」を否定するような気がします。親が頑張って「要領のいい子供に育てよう」というのはないわけです。
(というか、要領がいい人は親から放任されているのが普通です)。

要領がいいか否かというのは、だいたい小学生くらいで決まっています。
20歳くらいで要領のいい若者がいるとします。この場合、彼は子供の頃から要領がよかったはずです。経験によって成長する余地がないとは言わないけど、わりと子供の段階で決まっていると思います。要領がいい奴は小学校の頃から要領がいい。

要領のよさを「判断力」として考えるのは適切ではない気がします。
なぜなら性格の問題だから。
囲碁や将棋の手順の問題ではなく、性格的にどういう選択をするかの問題だと思うのです。


さて、フィクションに話を移します。
フィクションでも、要領がいいのは嫌悪されています。
主人公は愚直であることが求められる。漫画だと、主人公は「漫画的な馬鹿」であるのが求められたりするわけです。
(頭が悪いというのではなく、愚直な選択をするわけです。損をするとわかっていても)。

ラノベで「中二病作品」と称されるものがありますが、これは主人公が愚直でない作品のことです。「自分は利口」みたいな自意識を主人公が持っていると中二病と呼ばれるわけです。
私たちは主人公が愚直であるのに馴染んでいますから、「利口な主人公」というのには違和感を憶えるのです。

この場合の愚直か利口かというのはキャラクターの問題です。
たとえば「カイジ」において、カイジがどれだけ天才的なひらめきを示しても、彼は愚直の極みなのです。
「カイジ」の愚直さを批判する人を見たことがありません。
「カイジって馬鹿じゃん!」というような批判を見ることはないです。
逆に主人公が利口みたいな中二病作品だと、生理的嫌悪を示す人が必ずいます。

どうして人間は利口な選択を嫌うのだろう、というのは興味深いです。
(正確に言えば、理想を求める場合に、利口さを嫌悪するということですね)。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング