Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒロインが(主人公と交際しているわけでもないのに)やきもちを焼く

ライトノベルでは直接的な恋愛感情は書かない方が好まれる。やきもちとして描いた方が明らかにウケがよい。

サブヒロイン(シエスタ)が主人公(才人)に好意的で、それに対してメインヒロイン(ルイズ)がやきもちを焼くというようなものである。
(主人公とヒロインが交際しているわけでもないのに、やきもちを焼くというところが重要です)。

主人公とヒロインのラブストーリーは男の子向けのメディアでは今ひとつ好まれない。
ラブコメならいいけど、ラブストーリーはウケが悪い。

ある意味、読者は「恋愛をしないヒロイン」を求めている。
読者は、主人公とヒロインが男女交際をすることを必ずしも望んでいない。
そうかと言って、ヒロインと主人公が疎遠だったらまずい。
落としどころが「やきもち」なのかなと思う。

ラノベでは、主人公に女の子が群がるようなハーレム作品が結構あるが、あれは恋愛ではない。
女の子が群がっていても男女交際はしていない。

主人公とヒロインが男女交際するという作品は、ヲタ以外からの需要はあると思う。
主人公とヒロインが恋愛して青春したりするとヲタ受けは悪いはずだが、中高生くらいの読者には受け入れられるかもと思ったり。主人公とヒロインの組み合わせばかりのくせして、まともに男女交際を描くラノベが少ないというのはヲタ寄りなのかなと。

サッカー部で活躍している主人公と、可愛いマネージャーの男女交際とかだとヲタ的には厳しい。
絶対にそんな作品は読みたくない、と言われるだろう。

ちなみにヲタは恋愛とか青春を描いてもギャルゲー構造だと受け入れる。
(狭義のギャルゲーでなくてもギャルゲー的な作品は受け入れる。たとえば「おねがい☆ティーチャー」とか)。
ギャルゲー構造の男女交際と、そうでない男女交際というのは違う。
ギャルゲー的にパッケージされていれば、男女交際も許容する。
オタク保護機能みたいなのがあるんでしょう。

あるいはもう少し正確に言えば、ギャルゲーやエロゲーでも、告白がゴールなのかもしれない。
エロゲーで最後にセックスするとしますよ。
一人のヒロインの攻略に10時間掛かるとして、

・男女交際に至らない前段階(8時間)
・告白して男女交際開始(1時間)
・セックス(1時間)

という程度の時間配分かもしれない。

あるいは、告白→セックスのパターンも多いかも。(つまり男女交際のプロセスは省かれ、告白して受け入れられたらセックス)。
最初の方で告白して付き合い始めて、エンディング近辺でセックスというエロゲーは少ないはずである。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング