Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

伏線にこだわる人

物語に伏線が存在する理由として、伏線にこだわる読者(視聴者)への配慮があるかと思います。

中盤でいきなり「実は○○だった」というのがあると怒る人が必ずいます。
「伏線を張らずに突拍子もない設定を出す糞作品」とか言われるわけです。
だから序盤の段階で、中盤の設定を仄めかしたりする必要があるのです。

つまり「伏線がない作品を嫌悪する人」のための対策。
(逆に言えば、伏線が整備されている作品だと、こういう種類の人に絶賛されたりする)。

あと、「伏線」と一言で言っても、

1,最初に読んだ段階でわかる伏線
2,後から「あれが伏線だったんだ」と気づく伏線

があるかと思います。

2に関しては「伏線にこだわる人」に怒られないためのもの、と思ったり。

総合的に考えると、伏線はあった方が無難なんでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「伏線」とストーリィの諸関係

「まぼろしのつくりもの」にて、「伏線にこだわる人」というエントリがありました。「物語に伏線が存在する理由として、伏線にこだわる読者(視聴者)への配慮があるかと思います」という書き出しからもわかるように、エントリの内容は、伏線にこだわる「人」についてでは...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング