Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

周囲からの人気で容姿レベルを規定する

ライトノベルの手法のひとつとして、周囲の人気でヒロインの魅力を規定するというのがあると思う。
「クラスの男子の間で大人気」とか。
「毎日告白されて大変だ」とか。
「ラブレターが山積み」だとか。
「他の高校にまで美少女ぶりが知れ渡っている」とか。

地の文で、このヒロインの顔はこんなに可愛いんですよ、と長々と書いても効果はない。
ラノベのヒロインの「顔の描写」で萌えたことありますか?
普通は「顔の描写」では萌えない。
だから周囲の人気で規定する。

主人公個人がヒロインを可愛いと思うよりは、みんなの中で大人気とした方が欲望を刺激すると言えばいいですかね。(人間は他人の欲望を模倣する)。

でも、難しいのは、こういう手法を使わない人気作品も結構あることだ。
「このヒロインはこんなに人気がある」という書き方をしてない人気作品はたくさんある。
周囲の人気ポイントで魅力を表す、というのが行われていなくても、ヒロインは魅力的であり得る。
地味なポジションでも、充分に魅力的なヒロインは存在しうる。

結局は16歳くらいの少女を出しておけば、読者が勝手に脳内補完してくれる。(これは女子高生はみんな可愛いという世間の感覚と同じであり、ヲタだけが異常補完力を持っているわけではない)。
周囲からの人気がなくとも、普通の十代の少女なら、少女全般の可愛さがあるので、それでOKということもあるかなと。

物語の中でのヒロインの魅力って物語構造的なものだと思う。物語的に萌えるかどうかなのである。「顔の描写」に萌えるのではない。リアルなら、顔だけがすごい可愛ければそれだけ萌えるんだろうけど、物語の中での可愛さはそれとは別なのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エロゲーにおける美少女の問題

【 雑記 】 容姿が記述されていなくても(読者が)ラノベのヒロインを美少女に脳内変換する問題 【 物語の在り方 】 周囲からの人気で容姿レベ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング