Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

登場人物の心境の変化には「きっかけ」としてのイベントが必要

(現実だと)人間の心境の変化って、何となくだと思う。
必ずしもドラマはない。

フィクションだとこれは好ましくない。登場人物の意志が変わるなら、基本的には「きっかけ」となるエピソードが必要である。何となく心境が変わったということでは、メリハリがない。

Aという心境

(何となく)

Bという心境

だと、読者(視聴者)としてはすっきりしない。



Aという心境だった

ドラマティックな出来事

Bという心境になった

という感じだと、ドラマとしてはっきりする。

あるいは、心境の変化はイベントの結果ではなく、イベントに直面して何らかの感情を出し、その感情で乗り越えるみたいな感じですかね。

困難なイベントに直面

勇気を出す

勇気でイベントを解決

みたいなのが一番ありがちなパターン。
(そういうイベントの通過によって「成長」したりするわけである)。

現実の人生なら心境の変化にイベントが絡むとは限らないが、フィクションではドラマ性のあるイベントで心境が変化するのが望ましい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング