Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ねくろま」第四巻を読んだけど……



私は最近一番面白いラノベは「ねくろま」(平坂読)だと思っているのです。
積んである作品がたくさんあるので、新刊に手を出すのも面倒だが「ねくろま」は発売日に買って発売日に読む。
で、今日発売された第四巻もそうやって読んだんだけど。。。

第三巻で懸念していた方向性が第四巻でさらに強まっています。
こういう方向に進んでほしくないという方に見事に進んでいた。

ある意味ラノベにありがちだと思うのです。ちょっと遊び加減の作品になるのは。
「ねくろま」が大人気作品なら、途中で手抜きモードの巻があってもいいけど、そうではないだけに第四巻のこういう書き方はどうなのか。
「ねくろま」は基本的にコメディだから、脱線するのはいいんだけど、第四巻の脱線の仕方はちょっと。「ねくろま」はふざけた作品だからこそ、ストイックに書いてほしいのです。
第一巻と第二巻は、ギリギリのバランスで保たれていたと思うのです。特に第一巻は出来がよいですね。「ねくろま」第一巻はホントに素晴らしいですよ。ふざけているのに、ストイックに我慢して書いている。

作者が自作のキャラで遊ぶみたいなのは、好きな人もいるのでしょう。
私は「Fate/stay night」のファンディスク「Fate/hollow ataraxia」があんまり好きではないのですが、でもファンには人気があったと言える。「月姫」のファンディスク「歌月十夜」も然り。私は好きではないけど、ファンの人は受け入れています。作者の人が二次創作的なノリで書くのは私はイヤなんだけど、これはこれとして受け入れられる場合もあり。

なお「ねくろま」第四巻のあとがきによれば、第五巻もあるそうで、
「このシリーズも次からいよいよクライマックスに突入します」
と書かれている。

まあ第三巻以降が今ひとつに思える理由として、私が「ねくろま」の中で一番好きなのが金髪美少女の生徒会長だからというのもあるんですけどね。(私は金髪美少女キャラに偏愛があるのです。生徒会長がたくさん出てくるという理由で第二巻が一番好き)。
第三巻以降生徒会長の存在感が薄まっているので、そのあたりの(私個人の)好き嫌いの問題もあるかと。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング