Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

地域紛争を上から目線で描いた「機動戦士ガンダム00」第一期が最終回

ガンダム00の第25話。
ようやく第一期が最終回です。

見ていて、「もしかして第一期で打ちきりか?」と思ったんですが、最後の方で第二期への伏線が張られていたので、たぶん第二期もやるんでしょう。打ち切りだと喜ばせておいて、最後に伏線を張りまくるなんて……。
(これだけ悪あがきのように伏線張って、それでも打ち切られたら面白いんですが)。

第一期は結局戦っている理由がわからないまま……。
最初の設定段階で世界大戦などしておらず、結構平和なので、そこに介入するのが意味不明でした。
最終回で「地球連邦平和維持軍」が発足するんだけど、初期段階とあんまり変わっていないわけです。
地域紛争とかテロが課題だったわけで、それがどうなったのか?
世界がまとまっても地域紛争やテロはあるのでは?

地域紛争が描かれるわりには、妙に大国中心でグローバルな「上から目線」なんですよ、このアニメは。
そのあたりが「世界の歪み」なのかもしれないけど。

ガンダム00の場合、商業的にも今ひとつなので、そういう意味でも第二期を続ける積極的な理由がない気がします。前作のガンダムSEEDはネットでの意見だけ見てるとすごい不人気のように思えますが、実はDVDなどは記録的な売り上げを残しています。(特に「ガンダムSEED DESTINY」は驚異的な売り上げでした)。

ガンダム00は、素直に世界大戦でも描いておけばいいものを、地域紛争とかテロに(上から目線で)焦点を当てるから、こうやって破綻したわけです。地域紛争とかテロを描くにしても、その人達の深刻な視点から描けば、刹那やロックオンの等身大の物語にもなり得た。世界観が「上から目線」だから、そのあたりが噛み合わなかったのです。
(ガンダム00は上から目線で地域紛争を描いているから、刹那やロックオンの人生が浮いてるんですよ。彼らの人生をきちんと描くなら、地域紛争をその当事者の目線から描かないと)。
地域紛争の場面が映像として出てくるわりには、物語として全然描かれてないんです。地域紛争のイメージ映像があるだけで、脚本として(地域紛争の中身が)まともに描かれてないのがこの作品。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第25話 「刹那」

機動戦士ガンダム00 4 命が宇宙に次々と散っていく。船は沈み、MSは爆発する。激しい戦いの果て、刹那は自分の信念をつらぬくために、世界のゆがみに向けて最後の突撃を敢行した・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング