Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「マクロスFRONTIER」感想

一応ネタバレ控え目のつもりですが。。。

第一話
作画はかなりよい。戦闘シーンもかなりよい。
キャラデザは好みがわかれるかも。私はあんまり好きではない。というより、女の子を可愛く描くためのキャラデザではないと言った方がいいかな。萌え系美少女みたいなのは出さないつもりの作品ということかもしれない。
ストーリーに関しては何とも言えず。人物紹介程度かな。つかみとしては、あんまりよくないと思った。

第二話
作画や戦闘シーンは相変わらずかなりよい。
キャラデザは最初は違和感あったが、世界観にあっているのかも。
(この作品は萌えキャラの女の子がたくさん出てくるような話ではないから)。
ストーリーは主人公がはっきりして、何となく人間関係の構図が面白くなってきたような?

第三話
今回のは、本格的にストーリーが始まる前の準備という感じか。
ここまでで人物紹介は終わりで、第四話から始まる具合かと。
ストーリーには惹かれないのだが、作画がかなりよいので視聴継続。

第四話
第三話までは作画の素晴らしさに感心しながら見ていたけど、この回はちょっとよくなかった。
アクションシーンが少なかったのと、萌えみたいなのを描くのにはキャラデザが合ってないかな。
ストーリーはあんまり印象に残らなかった。

第五話
アクションシーン無し。
歌姫的なストーリーはマクロスのお約束なのかもしれないけど、退屈。
ストーリーの焦点が定まっていない。
平凡な女の子が歌姫になるという話がうまく出来ていない。
マクロスのお約束パーツを出しているだけ。

第六話
今回ようやく話が戦闘パートに向けて動き出す。
作画もかなりよかった。
この作品の場合、ストーリーがちょっと陳腐な青春群像だと思うので、アクションシーンで頑張ってくれないと。
今回みたいな感じで続いてくれるといいけど。。。

第七話
まあ普通。
メカと歌の組み合わせという点ではマクロスらしくてよい。

第八話
メカが見たくて、この作品を見ているのに。
安っぽい青春群像とかドタバタ劇は……。
まあ毎回フルにメカ戦闘やっていたら大変なのだろうけど、この作品の場合、それが売りだからな。

第九話
この作品って、登場人物のそれぞれに物語があって、それが並列的に並んでる感じなのかな。
あまり好きな手法ではない。
大きなプロットがちゃんとあった方が……。
ストーリーに関しては散漫。

第十話
今更ながら、この作品は芸能界ファンタジーなのだな。
(芸能界というと、枕営業とか連想してしまう自分には今ひとつ合わないかも)。
あと、この作品は、「恥ずかしい作品」なのだな。
意図的なものだけど。
独特の恥ずかしさに付き合えるかという問題も。
(戦闘シーン目当てに見ている自分としては芸能パート受け付けないのだけど、でもこれがマクロスなのだな)。

第十一話
陳腐に言えば、青春の甘酸っぱい云々という作品なのか。
自分はこういうの苦手なので。。。
作画がよくなければ脱落してると思う。
作画が素晴らしいから、この作品はみんな見ているけど、内容は実は人を選ぶかも。

第十二話
たぶん出来はいいのだと思う。
自分は惰性で見ているので、今ひとつ感情移入しづらいのだけど。

第十三話
今回は恋愛とかアイドルとか無し。
SFアクション。
設定がわかりづいらのは意図的だと思うけど、果たしてどうなのか。
わかりづらいことが効果的には思えなかった。
(繰り返し見ればわかるのかも。自分はこの作品適当に見てるので、ちょっと付いていけず)。

第十四話
戦闘シーンの作画が素晴らしすぎる。
ストーリーに興味なくなってるのだけど、作画だけで充分に楽しめる作品。

第十五話
ううむ。
この作品って全然ストーリーが動いてなかったのだけど、こういう方向で動かすのか……。
ちょっと陳腐な印象もあるけど。。。
もう少し見てみよう。

第十六話
アルトは主人公ではなく狂言回しという感じでいいのか。
歌姫対決みたいな感じでいくのかな。
マクロスは独特な作品なので、どうも先読みがしづらいけど。

第十七話
アルトはどうでもいい人物。
全体の流れからすると、主人公ぽかったアルトがだんだん脇役に。。。
ストーリーだけ見ると、あんまり評価出来ないかな。
まあ作画が素晴らしくて、音楽もいいので、楽しく見られますけどね。

第十八話
シェリルの人気を転落させたのはベタだけど展開的にいいのでは。
人気があって成功していくということだと、なんか空想みたいなので。
失敗させることで、フィクションのリアリティーが出せるのだと思う。
成功を描くのがフィクションではあるのだけど、これは芸能界の話だから、人気の転落も必要かなと。
挫折させることで視聴者が「立ち直り」を期待するモードになれば、フィクションとして巧く掴めたということ。

第十九話
何とも言えず。
たぶんこの作品は、本質的に話が進まないのかな、と思うのだけど。
平行線のまま続いていく。
それは欠陥ではなくて、これはこういう話なのだろう。

第二十話
この作品って戦うということに象徴性がないのだな。
というか、青春ですからね。
青春と恋のエピソードが並んでいるだけで、「人生」ではないなと。
人が死んだりしても。

第二十一話
とりあえずストーリーを大きく動かそうということかな。
これまでは、どうもRPGで汎用モンスターと戦い続けている感じで、あれだったんだけど。
戦いの中に人間関係が含まれる方向性というのか。

第二十二話
この作品って、ずっと平行線のまま話が進展しなくて、最終回が近づいたらクライマックスか。。。
まあ妥当な作りではあるのだけど、ストーリーは評価出来ない。
作画と楽曲だけのアニメということになるだろう。

第二十三話
クライマックスに入っている状態だが、今回は凪のような状態か。
特に感想無し。

第二十四話
何とも言えず。
クライマックスなのに、あまり進展しなかったような?
いや、このアニメはキャラ中心だから、これはこれでいいのだろうけど。

第二十五話
たぶんこの作品としては最高のラストなのか?
ストーリーを純然に見ると今ひとつなのだけど。
最高レベルの作画と楽曲で、映像作品として素晴らしい仕上がりだった。
このアニメは全体的に、物語が食い足りないのだが、これはこういう方向性なのだろう。
ストーリーがちょっと薄いのは、この作品にあっている。
作画と楽曲のノリを楽しめばいい。
(中盤あたりの日常パートが緩すぎて辟易とした作品でもあるけど)。




このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング