Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

物語の構造をリセットしたコードギアス第二期の失敗(第四話まで見て)

まだ第四話までしか進んでいないので、結論は出せないけど……。
もう少し話が進んでから、また書くと思うけど、まあ暫定的に。

まず基本的に、「仕切り直し」のやり方が中途半端。
第一期を楽しく見ていた人にとっては、物語構図が変わった続編にされた感じ。
第二期から見始めた人にも、やっぱり映画の途中から見せられてる感じで違和感あるでしょう。
つまり流れを切ったことが、マイナスにしかなっていない問題。

第一期は以下のような王道的構図でした。
主人公は母親を奪われたことでエディプス的な復讐心を抱き、仇討ちのために戦う。
主人公は本当は王子様だが、正体を隠しつつ戦う。
これが第二期ではかなり薄れています。


(1)ナナリーが人質にされているのに緊迫感がない
第一期は「仇討ち」という王道的な部分があったわけです。
第二期でも、一応、奪い去られたナナリーを奪還するという構図がある。
でも、視聴者として見ていて、どうせ安全なのだろうと思うのです。
ナナリーが奪い去られているというのが、戦う理由の設定として失敗している。
(というか、ナナリー奪還に向けてプロットを組むべきなのに、人質の黒の騎士団を助けるかどうかの話にしてしまっているのがおかしすぎる。ナナリー奪還に集中するべき話が散漫になっている)。

(2)主人公の世界への不満
「デスノート」や「コードギアス」の主人公がイケメンでも許されているのは、不満を抱えているからだと思うのです。つまりイケメンだからリア充でハッピーというのではなく、「不満」という部分で視聴者のシンパシーを得ているわけです。「コードギアス第二期」ではその部分が今ひとつではないかと。主人公が世界に「反逆」する理由は?

(3)正体を隠して学園生活を送るという構図
第一期では「正体を隠して学園生活を送る」という構図が面白かったわけです。
雑に言えば魔法少女的な面白さ。
(正体がバレバレなのに周りが気付かない面白さですね)。
第二期ではこの構図が今ひとつではないかと。
正体を隠す面白さがないと、学園パートの部分の面白さもないと思う。

(4)エディプスコンプレックス
この作品ってエディプスコンプレックスが根底にあるから、王道的に強いのです。
でも、第二期でちょっと今ひとつのような。
第一期は母親が殺されたことへの復讐ということで、エディプス的関係がありました。
母親が奪われたことへの恨みという構造です。
これが第二期では無くなっているような?

(5)貴種流離譚
貴種流離譚(ボクは本当は王子様なんだ)の要素が第一期の面白さの根底にあったと思うのだが、第二期では薄れているような気がします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング