Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

人間存在を内面的に了解するのは人間が人間であるゆえんだが

人間が、物事を内面とか精神の問題として語るのは、変ではないです。
かなり人間らしいと思いますね。

フィクションでも現実でも。
我々の存在は、CPUとかメモリのスペックのように語られるものではない。
内面として語られるべきものです。

フィクションでも、「内面」がうまく描けている作品は素晴らしいと思いますね。
内面から人間を説明し、内面によって物事が動く。
それはいいのです。
(「キン肉マン」みたいな作品だって、筋肉が黙々と対決しているのではなく、一応内面的な動機で動いているわけですよ。漫画的な友情とか勇気とか、そういう動因で動いているわけです)。

ただ、現実において我々が人間を語る場合に、「内面」を言い過ぎると欺瞞的になる気がします。
卑俗な例で言うと、秋葉事件の加藤が「イケメンでないからモテない」と言っていたのに対して、「イケメンでなくてもモテる。加藤は内面が腐っているからだ」という意見をよく目にしました。
でも私は加藤の認知は歪んでいないと思う。
あの程度の容姿だと、「もてない」のは自然だと思います。
容姿による単純な選別を否定するなら、それこそ認知の歪みです。

加藤に歪みがあったとすれば、「モテない」という単純な事実のとらえ方でしょう。
彼の場合、自分の存在が否定される経験を積み重ねてきたと想像されるので、モテる以外に脱出路が無いという感じだったと思われます。
もてなくても、それなりに居場所のある人であればいいのですよ。
加藤に必要だったのは、モテのノウハウではない。モテないなりに楽しめる仲間を見つけるとか、そういう方が現実的に可能な選択肢です。つまりモテないと世界から孤立してしまうという構図が彼の場合問題なのです。あの容姿だと女にモテないこと自体は普通。

容姿の問題を内面の問題と関連づけるのは、きわめて人間らしい行為だと思うんですね。
我々は顔を愛することは出来ない。
あなたが美少女に憧れるとしても、惚れたらそれは「内面」を好きになっているのです。
人間存在は内面的了解によって成り立つのです。
綺麗な異性に惚れるのでも、内面への恋慕として了解するのです。
それが人間のシステムです。

内面的に了解するのが人間の仕組みというだけです。
内面だけで動いているのではなく、了解システムが内面的なのです。

フィクションにおいては、外的スペックと内面的了解を分解して考える必要はなく、「内面の動き」で物語ってもいいのです。それが優れた物語だから。

でも現実に適用すると欺瞞があります。
貴族だから高貴で誇り高い、という物語はフィクションとして楽しめます。
でも、現実に貴族って内面が高貴なのか?
平民は内面が卑しいの?
フィクションならいいけど、現実でそういうのは変ではないか。
(というより、身分制度のある時代はこういうイデオロギーがまかり通っていたのです)。

人間を内面から物語るのは、人間の仕組みとして自然なんだけど、現実に冷静に考えたらそれは違う。
フィクションではこのあたりを相対化する必要はなく、内面で突き進んでいいけど、現実をそのように説明するのは、ちょっとどうかと思う。
(何度も述べたように内面的に了解するのが人間が人間であるゆえんなのだが、現実の議論においては、それを相対化するべきである)。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング