Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「グロテスク」桐野夏生



読もうと思いつつも、読んでない本というのがあったりするわけで、「グロテスク」もそうだった。
元々は2003年の作品。
今は文庫で売っているので、最近買ってようやく読んだ。

この本に衝撃を受けたという人が多いのだけど、私は今ひとつ。
(ちなみに私は男です。女が読んだら別の感想を持つかもしれない)。

前半部は面白くて一気に読めた。
主人公は平凡で普通の家庭の出身なのに、お嬢様学校に入る。そこでの女の子の世界の見栄というか、高望みというか。スイーツ(笑)についていけない悲しさみたいなのが、よく描かれていた。
この本を読んで、スイーツ(笑)は実は女にとって辛いのではないかとも思えた。女というのはマスゴミに持ち上げられているけど、高望みと見栄っ張りを煽られているとも言える。高望みと見栄に付いていけない人は「グロテスク」になってしまうのかも。「負け犬」というのが、芸人的な自虐としてあるけど、実際は「グロテスク」のように単なる引け目になってしまうこともあるだろう。
(高望みと見栄を煽りつつ「負け犬」芸人にガス抜きさせるマスゴミの構造に疑問を感じますけどね)。


ともかく前半部は高望みとか見栄っ張りの階級構造みたいなのが上手く描かれている。
問題は後半部。
いわゆる東電OL事件をモデルに書いているのだけど、転落しすぎていて、ピンと来なかった。
(主人公のクラスメートが東電OL的になっていくのだが、このあたりは主人公の人生と交差している)。
街娼にまで身を落とすなんて異常なわけですよ。見栄や高望みの悲哀を、もう少し普通のレベルで書いて欲しかった。でもこの作品に衝撃を受けたという人が多いところからすると、容姿が今ひとつの女の人が東電OL的になっていくというのは、女の感覚としては身に迫るものがあるのか?
(少なくとも男の自分が読んだ感じでは、非現実的にしか思えなかった。もちろん東電OL自体は実在の人物だけど)。

まあこれは感覚の問題ですね。作者が東電OLを持ち出したのは、「ありがち」よりは「異常性」を選択したということです。異常性から、人間の本質を描こうとしたのだと思う。

これはいい悪いではなく、描き方の問題だな。私は、(この作品が東電OLをモデルにしたことで)普通のレベルの見栄とか高望みの問題を超えすぎていて非現実的に感じたのだけど、そういう破壊的な部分に衝撃を受けた読者が多いということだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング