Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒロインが主人公をストレートに愛する場合はコメディー扱いでなければ

事例としては「うる星☆やつら」でも「ToLOVEる」でも何でもいいのだけど。
ヒロインが主人公をストレートに愛する場合は、コメディでなければならない。
シリアスなストーリーであってはならない。

普通にシリアスなストーリーで、どこかからヒロインが現れて、男性主人公のことを愛してくれるという作品は、たぶん好まれない。
ヒロインが主人公に恋愛面の承認を与えるというのは、(真面目な意味での)物語になりづらい。
(少なくとも男性向けのラノベや漫画では)。

順風満帆に成功する物語ってフィクションでは基本的にあり得ない。
空想するのはいいけど、フィクションでは面白くないという。
空想とフィクションの違いの問題。

ヒロインと主人公の関係にしても、ヒロインが(コメディではなく大まじめに)主人公を愛して承認してしまうと、それは順風満帆な成功を描いているのと同じで、あんまりよくない。

たとえば「新世紀エヴァンゲリオン」で、(アスカがいないとして)シンジの前に綾波レイが現れて、恋人のような立ち位置になってくれるとしたらどうか。
それは空想であって、フィクションではなくなる。

よくヲタ系作品への批判として、「都合のいい女の子が現れて恋人になってくれるオナニー作品」みたいなことを言われるが、実はそういう作品は少ないかと。
というか冒頭に述べたように、コメディなら非常にたくさんある。
押しかけ女房的なドタバタ作品ならたくさんある。
でも、女の子が降ってきて、一方的に好意を持ってくれて、シリアスに愛し合うというのは、ほとんど見掛けない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング