Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ツンデレの偽物である「とらドラ!」の声優を釘宮にしたのはどうなのか

私は声優に興味ないのだけど、あえてこの話題取り上げよう。2008年秋にアニメが始まるそうなので、最初の方は少し見ると思う。たぶん受け付けないと思うのだけど。

「とらドラ!」。どうも苦手なのです。むかし原作は第二巻まで読んだんだけど、今ひとつ感情移入出来ずにそれっきり。私はどうも「恋愛しないヒロイン」を求めてしまうので、「とらドラ!」は駄目。

「とらドラ!」が人気出たのは興味深いと思うのです。ヲタ受けする要素がそんなに入っているとは思わない。なんでこの作品人気あるんだろ?
「とらドラ!」の大河はツンデレ風のキャラでありながら、普通に恋をしたりする女の子なので、生理的に受け付けない。ヲタに受けるツンデレとは恋愛の回避とか否定が原則です。人並みに恋愛感情を持つ大河はツンデレの偽物。
これは必ずしも私の特殊な趣味ではなく、多くのヲタの願望でもあると思うのです。
「人並みの恋愛感情を持たないヒロイン」はかなり人気出ますからね。

声優興味ないからどうでもいいんだけど、ツンデレの代名詞みたいな人に「とらドラ!」のヒロインやらせるのはどうなのか?

「とらドラ!」という作品は、わりと等身大で人並みの恋愛感情を描くところが(ヲタ的ではないけど、普通のラブコメ風で)人気があるのかな。私は感情移入出来ない作品なので、よくわからんけど。
ヲタ向けのラノベだと、ヒロインが自分の中にある恋愛感情を認めずに「うるさい!うるさい!」とか抵抗するのが多いけど、「とらドラ!」は恋愛感情認めてしまうからな。(読んだの昔だから、あんまり憶えてないのだけど)。

要するに高校生が人並みに恋をする作品が嫌いだというヲタのエゴを私は述べているだけです。「とらドラ!」は実際は素晴らしい作品なのでしょう。人気あるしね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河をツンデレとするオタク的気質の問題とか

 まぼろしのつくりものさん「ツンデレの偽物である「とらドラ!」の声優を釘宮にしたのはどうなのか」 『「とらドラ!」が人気出たのは興味...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング