Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

強大な父親と息子が対立する作品では、安易に母親が故人になってるよね

「マクロスFrontier」の第十九話を見て、またか……と思った。

父親と息子が対立していると、必ず母親は死んでいる。
ほぼ例外なく……、と言っても言いすぎではないと思う。
現在放映中のアニメだと「コードギアス」もそういう設定である。

父親と息子が対立すると、なぜ母親は死なないといけないのか。
それは母親のエゴを描きたくないからである。
「母親は子供に無償の愛を注ぐ」という幻想を守りたいからだ。
母親を生かしておくと幻想が破綻するので、「死んだ」という扱いにされるのである。
「マクロスFrontier」でも死んだ母親から愛されていたという描写がなされる。

現実には、父親と息子が対立しているような家庭で母親が息子を愛することなど無い。
というか、無いと思われてるからこそ、(フィクションでは)母親が故人扱いになるのだ。
父親が王様みたいに振る舞っていたら母親は父親の犬になる。
息子を盾にして保身を計るくらいは平気でやる。
そういう描写を避けるために「すでに母親は死んだ」という扱いになる。

父親が王様である家庭においては、母親は単なる飯炊き女。
母親は父親の下僕であり、決して息子の味方ではない。
繰り返すが、それが現実だと思われているからこそ、(フィクションにおいて)父親と息子が対立すると母親は故人扱いなのだ。

だったらどうすればいいのか、という問題ではない。
母親のエゴは、誰も受け付けないので、描かれない。
母親が死んだということにしてでも母性は守る必要がある。

父親と息子が対立してるけど「死んだ母親は無償の愛を注いでくれていた」という構図は悲しいものがある。
父親が強い家庭では母性が死ぬというだけのこと。
母親は犬のように生存していても、母性として死んでいるのだ。

やっぱり自分の母親がスネ夫みたいな性格の飯炊き女だとは思いたくない。
「無償の愛を注いでくれる母性」を人は求める。
それが母親の故人設定の正体である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング