Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分より上に嫉妬するのが女。自分より下を探す王様が男。

直接的にアニメや漫画の話ではないんですが。。。
嫉妬とかそういう類のことはよく出てくるので、そのあたり。

嫉妬とは何かというと、自分より上だと感じた人間を引きずり下ろそうとすることです。
女はそういう心理を持っている。
女はそれを恥ずかしいと思わない。
そしてグループで結託して人気者の足を引っ張るようなことをする。

フィクションで女の人間関係を書く場合も、こういうのは必須かもしれません。
女が嫉妬で足を引っ張るみたいなのは定番的に描かれます。

こういう女の特性を男は嘲笑します。
女はくだらない生き物だから嫉妬する(笑)と。
確かに男は嫉妬しません。
嫉妬するというのは、男性原理に反するからです。

では、男性原理とは何か。
王様として振る舞うことです。
一番安直な方法としては、自分より下の相手を探すことです。
たとえば「ドラえもん」のジャイアンは王様キャラとして受け入れられています。
のび太に勝っても強さは強さであり、帝王です。
"のび太に勝っても強いことにはならないだろ"という反応はされない。
ジャイアンとラオウは同じ扱いです。

男性原理とはそういうものです。
王様になること。
自分より下を探して王国を作るのが手っ取り早い。
最近は強い父親というのが減っているかもしれないが、昔だと、父親が王様みたいに振る舞っている家庭が標準的だったでしょう。家父長制を男性原理の象徴と見なすのは適切なのです。あばら屋の王様という意味で、男性原理の典型的な実態なのです。

たとえば2ちゃんねるを見ても。
既婚女性板だと、人気のありそうな女性有名人に延々と食いついたりします。
逆に男が多い板だと、出来るだけ下を叩くという流れになります。

女の子はチアリーダー的で、集団でチヤホヤしたり、嫉妬したりする生き物です。
「少女革命ウテナ」の天上ウテナと姫宮アンシーは、典型的な事例となるでしょう。
ウテナ的なキャラをチヤホヤする側面もあれば、アンシーのような女を警戒して叩くという側面もある。
女の子の世界はチヤホヤと嫉妬の交錯で描かれるのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング