Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

イジメという本能を肯定するのがドラえもんという作品

なんか、この意見がすごい批判されてるみたいなんだけど。

http://sankei.jp.msn.com/life/education/080826/edc0808260809004-n2.htm
また無自覚の「刷り込み」で、子供がマンガの登場人物をモデルに他人を評価しているのではと、吉村さんは危惧(きぐ)する。
 「ドラえもんが象徴的です。私は『ドラえもん包囲網』と呼んでいるのですが、メガネをかけて少しドジな人は『のび太』というマンガのキャラクターをモデルに、子供は友達を評価している。メガネをかけているだけで、『お前はのび太だ』といじめられるのではと心配しています」

私はそれほど変な意見だとは思わないんですけどね。

反発の多くが、「イジメはドラえもんと無関係で本能的なもの」みたいなのが気になりますね。
つまりドラえもんを支持する人はイジメに肯定的なのです。
ドラえもんは原因ではなく結果だと言えばいいのかな。
イジメに肯定的な人はドラえもんに惹かれると。

というか猛烈に反論する人が多いのがちょっと疑問。
フィクションは影響力があると私は思うんですが。
フィクションって本当に影響力がないのか?
この記事に反論している人は、「フィクションに悪影響はない」というイデオロギーに囚われているだけではないかと。
「フィクションは現実の人生に影響力がある」という当然の意見を言うと、規制に繋がると危惧してヒステリー反応が起こるんでしょうね。

あと、本能説に関して。
たとえば貴族制度は人間に貴賤があるという「本能」の生み出したものです。
でもそういう本能は否定されてますよね。

肌の色が白いと黒いより優れているというのも本能的判断でしょう。
でも民主主義社会では、その本能は否定されてますよね。

男が女より偉いというのも本能的判断でしょう。
これも民主主義社会で否定されています。

つまり、本能だからというのは正当化の理由にはなりません。
本能という「原始的なエゴ」を否定しているのが民主主義社会なのです。

「ドラえもん」も原始的で本能的なイジメ関係なのだろうけど、それを否定していくのが良くも悪くも我々の民主主義的社会です。
「イジメは本能だから認められるべきだ」という人は民主主義を否定しているわけです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング