Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

父親の味方をする母親を切り捨てた「コードギアス」第二十一話

ネタバレ感想です。

「コードギアス」第二十一話「ラグナレクの接続」はかなり予想外の展開でした。

母親マリアンヌは前回姿を現していたので、「マリアンヌのルルーシュへの立ち位置」が問題だったわけです。

アニメとかでは、基本的に母親のエゴとか描かないと思うんです。
現実の母親はエゴの固まりだったりするけど、あくまで「無償の愛」の象徴としてアニメでは描かれたりする。
みんなそういう幻想を守りたいからですね。

でもコードギアス第二十一話では、母親マリアンヌの存在をルルーシュがエゴと切り捨てる展開。
これはちょっと珍しい。

(現実において)父親・母親・息子の三角形において、父親が強いと、母親が息子を見捨てるケースが多いと思います。
フィクションでは、そういう現実描写を避けるために、父親が王様みたいなタイプだと、母親を故人にします。
死んだ優しいお母さんという扱い。
生きていると母親のエゴが露呈してしまうので、死亡扱いにするのです。

コードギアスでも基本的には「死んだ優しいお母さん」だったわけですよ。
それを生き返らせたから。。。。

「コードギアス」では母親のエゴをどう扱うのか、、、私は注目してました。
そしたら息子ルルーシュが両親を切り捨てるという格好に。
母親マリアンヌが王様である父親の味方になったので、ルルーシュが両親消去に向かうのは自然なのですが、そういう展開にしたのは意外。

まあエゴ云々ではなくて、母親が父親と息子のどっちの味方に付くかということなんですけどね。
母親が父親の味方になると、エゴとして扱われるだけの話。
(母親が息子の味方になると、無償の愛の象徴の母性となる)。

結局、母親が、息子への母性を優先させるかどうかの話で。。。
マリアンヌは優先しなかったから、ルルーシュによって消去されたと。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング