Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「鉄のラインバレル」第十一話までの感想



「鉄のラインバレル」第十一話まで進行。

基本的に「斜め」な作品。登場人物の言動が斜めなのではなく、制作者の描き方が(意図的に)斜めなのだ。

で、第十一話も、クリスマスを憎んでいるデブヲタと戦う話。
「斜め」なのがこの作品の特徴だからいいんだろうけど、斜めが直球過ぎて、今ひとつ。

あと、この作品は、キャラデザが古臭すぎる。もう少し今風の絵であれば、もっと人気も出たと思うのだが……。どうも、ルリルリがいないナデシコという気がしてしまう。一応は面白い作品なのだが、ちょっと消化不良に終わりそう。

2クール全24話予定らしいんだけど、今ひとつ成功作にはなりきれない予感。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング