Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

女子はわりとフラットな人間関係なので

基本的に女子が友達グループを作る場合、そこに上下関係はない。誰がリーダーなのかはっきりしない場合もある。一応主役っぽい子や脇役っぽい子はいても、必ずしもヒエラルキーではない。

逆に男子の場合、友達グループでもヒエラルキーがあったりする。友達とは言いつつも、従属関係が実状であるのが男子の場合珍しくはない。

もちろん個人差はかなりある。知り合いの男を色々見てもかなり個人差があるだろう。順位関係にこだわる男と、こだわらない男の差はかなりある。ヒエラルキーは男子の特徴ではあるのだが、そういう構図を作らない男はたくさんいる。

ともかく個人差は大きいのだけど、フラットな仲良しというと、基本的には女子ということになる。「あずまんが大王」系統の作品は、こういう部分を抽出しているのだ。実際は女子の人間関係ってゴタゴタが多そうだけど、フラットな仲良しである部分を理想的に描いているわけである。

例外もあって、たとえば「ぱにぽにダッシュ!」だ。私は「ぱにぽにダッシュ!」はかなり好きなのだが、同時に違和感もある。ヒロインのベッキーは可愛いのだけど、この作品の女子の人間関係って男子的だなと思う。橘玲という丸眼鏡で背の高い女がリーダー格なわけだが、橘玲の命令で周囲が動いたりするのは、男子の人間関係。「ぱにぽにダッシュ!」は「あずまんが大王」系と言っていいとは思うが、女子の人間関係が男子的なのがちょっと違うかな。

まあ分類はどうでもいいのだが、ともかく、(あずまんが大王系の作品は)フラットな仲良し関係を描くのが基本。


このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング