Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ガンダム00」はそれぞれの登場人物の人生のテーマを消化出来るのか



「ガンダム00」のセカンドシーズン。第16話まで進行。

私はセカンドシーズンはわりと面白いと思って見ているのだが、この後、ちゃんとテーマを消化出来るのかどうか気になる。

この作品は、登場人物それぞれに、人生のテーマが設定されている。
残り10話程度で、そういうテーマを消化出来るのか、という懸念がかなりある。

伏線の回収というよりは、テーマ性の消化と言った方がいいだろうか。
それぞれの登場人物のテーマをちゃんと描けたら、名作と言えると思う。

ここ数話は、どうも中だるみの印象がある。
いや、戦局は動いているのかもしれないが、個々の登場人物の人生は、まだ設定を撒いていてるだけで、まとめ切れてない。

ガンダムの性質上、戦局を動かして戦闘やらないといけないから、残りの話数はかなりきつい。
登場人物の人生を描くことに関しては、どうも消化不良に終わりそうだという懸念が……。
ちゃんとしたエピソードで登場人物が抱えている問題をちゃんと描いてくれれば、この作品は名作になりうるとは思うのだけど、何となく適当に放置されそうな気もする。

名作か愚作かは、そのあたりで判断したいと思う。
今のところ、テーマ性はある程度用意できている状態で、あとは、消化するかどうかの問題。
(というよりファーストシーズンから色々断片的に並べてきたことをちゃんと繋げないと、この作品は何だったのか……ということに)。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第16話 「悲劇への序章」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]クチコミを見る アロウズの突然の撤退、それは連邦内部でのクーデター勃発を告げる情報によるものだった。カタロンからクーデターの情報をキャッチした刹那は、ダブルオーの進路をアフリカへと向ける。だがそこで刹那を待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング