Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「お留守バンシー」を再読してみた



「お留守バンシー」は第十二回電撃大賞の大賞作品。
この時の銀賞が「狼と香辛料」だったので、「お留守バンシー」が悪く言われたりすることもある。

久々に再読してみた。

古典的なファンタジーの登場人物?をコミカルに描く作品。
ちょっと変わったデュラハンや、ちょっと変わったサッキュバスという具合。

昔読んだ時は素晴らしいと思って、今回再読して、やはりよく書けていると感心した。
だが、感心するだけなのだな。
ユーモア溢れるコミカルな作品で文章も素晴らしいのだが、決定的な面白さがない。
描き方のうまさに感心するんだが、この作品に惚れ込むような気分にはなれなかった。
(あくまで私が、ということだが)。

あと、「お留守バンシー」が大賞作品ながらも地味な存在になってしまったのは、ラノベのテンプレとは懸け離れた作品だからである。だが、電撃大賞はあまりテンプレ作品を選ばないので、これは恒例である。

あるいは、テンプレでないだけでなく、基本的な萌え構造とかもない。
ヒットしないのは当然か。
この作品は商業展開もしづらいだろうしね。
それでもこういう作品を大賞に選ぶのが、電撃の強さなのかも?
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング