Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

性描写が記号というより、実物の人間がそもそも記号

性描写について考える。
たとえばミニスカートからパンツが見えるような絵をペンで描くだけで問題視される。
これはなぜか?

答えは簡単だ。
そもそも実物の人間が記号だからである。
実物の女がミニスカートをはいたりパンツをはいたりするのも、それは記号なのである。
もちろん肉体を使った記号ではあるけれど。

絵で描かれたパンツも実物のパンツも、記号として同じなのである。
根源にあるのは記号なのである。
実物のパンツも、記号の模写。
絵に描いたパンツも、記号の模写。
記号の模写である点では同じなのである。

だから絵で描かれた性描写に対して反発する人がいるのは不思議ではない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング