Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ガンダム00 セカンドシーズン」最終話は、劇場版のせいで台無し

劇場版の予告があったので、少し感想が書きづらい。

ともかく群像劇としては失敗作。
刹那を中心とした主人公の物語としては、前回の第24話で焦点が絞れたと思ったのだが、最終回はちょっと拍子抜け。
劇場版に繋げるためなのか、やや曖昧な感じになった。
カタルシスが低い最終回になってしまったと思う。
終盤の緊迫感は第一期の方が断然よかった。

劇場版のためにキャラを温存したという印象。
本来は、くっきりと衝撃が残るようなラストも可能だったはず。
結末らしい結末ではなかった。
人気のあるラノベを無理矢理引き延ばすような感じか?
商業上の都合でこういう最終回になった。
まあ「ガンダム00」は大人気というわけでもないけど……。

失敗作だと結論付けたい。
群像劇の失敗を死亡退場連続で整理して、第二十四話で主人公中心の王道展開に出来たので、劇場版さえなければ、カタルシスを得られる結末は充分可能だったはずだ。

引き絞られた弓が、劇場版のために緩められた最終回だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング