Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

優柔不断な糞アニメを一掃する「東のエデン」の面白さ

「東のエデン」。第八話までの感想。

アニメと言えば、優柔不断な男性主人公である。
これはそれなりの理由があり、ヒロインのキャラを立たせるためには必要なことである。
しかし、萌えのためにストーリー展開が犠牲になってはいないだろうか?

そういう優柔不断アニメに対して格の違いを見せつけているのが「東のエデン」である。
設定は陳腐だ。
誰でも思いつきそうな設定。
しかし物語展開が桁外れに面白い。
男性主人公が動くことによって、世界が切り開かれ変動していくダイナミックな面白さ。
粗製濫造の萌えアニメが忘れているハラハラドキドキするストーリー展開が、この作品にはあるのだ。

キャラクターと設定に力点を置くのもいいのだけど、そのために男性主人公を置物にし、「ストーリー展開」をないがしろにする作品は飽きた。
「東のエデン」はそういう閉塞感を打ち破ってくれた。


このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング