Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「よくわかる現代魔法」アニメ版



放映中の作品のレビューです。
(現在第七話まで視聴)。

この作品は、元々はスーパーダッシュ小説新人賞の最終選考落ちの拾い上げで出版され、2005年に第五巻を持って完結した。そのあと、今さらになって再開することになり、今は第六巻も発売されているらしい。

このレビューを書くにあたって、第一巻だけ読み直してみたのだが、構成はかなり変わっている。原作はサスペンス仕立てというか、謎な出来事を発生させて、その謎を解決するという、まあオーソドックスなパターンなわけだが、アニメ版では、こよみを主人公に据えたキャラクター作品となっている。
(第二巻以降は、女の子が普通に魔法で戦う話だったと思うが)。

アニメの出来は及第点だと思うが、特筆するべきものではない。
2009年の段階でこの作品はやや陳腐な印象もある。
「パンツはいてない」というネタに食いついてくれる人がどれだけいるか?
ラノベ市場で苦戦しているスーパーダッシュ(集英社)の迷走という部分も伺える。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング