Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラノベやアニメは偏差値の高い優等生の世界

ヤンキー漫画というジャンルがあるわけだ。
かなり人気のあるジャンルである。
しかしラノベ、あるいはアニメでそういうのがあるか、というと、無いわけである。

それに対して、優等生は頻繁に登場する。
生徒会長などの道具立ても、それと同じ。
またお金持ちのお嬢様が頻繁に登場するのも、そういうことだ。

単純に言えば、偏差値の高い学校の校風だ。
”偏差値が高い”と明示されているとは限らないし、馬鹿な学校とか書いてあることもあるが、実状として明らかに”いい学校”なのである。

優等生というのは、世界なのである。
ヤンキーが世界なのと同じだ。
たとえばヤンキーだったら、それらしい仲間と群れて、ヤンキー世界を創る。
優等生もまあそうだ。
偏差値の高そうな学校、生徒会長、お金持ちのお嬢様、そういう世界。

ラノベ的な学園に、何らかの呼び名があるのかどうかは知らないが、ともかくヤンキー漫画とは対極で、そしてそれは世界なのである。ある種の楽園なのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DS ???

????Ρ???о?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング