Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「上京花日」



いわしげ孝の作品。
現在第三巻まで発売。

本屋で働くおっさんの話ということで、なんとなく、薀蓄(うんちく)をたくさん披露する系統の作品かなと思って読んだのだが、内容は人情話である。
青年誌にありがちなサラリーマン応援歌といってもいいのかな。

一話完結の形式。
全体として話が展開していくということはない。
そこそこ面白いんだが、息詰まるような面白さもない。
個人的には、漫画は続きが気になるようなのが楽しいし、一話完結の話はあんまり好きではない。

不満点は本屋を舞台としていることが、あまり物語として効果的でないこと。
薀蓄(うんちく)話にしておけばよかったのに。
出版社にかかわることだから、逆に書店の事情は書きづらいのかな?
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング