Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

企画書だけ仕上げて、その後のストーリーはスカスカなのが「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」



第十話まで視聴。

原作はなく、アニメのオリジナル企画。
アニメオリジナル作品には頑張って欲しいと思っている。
ラノベに映像付けるのがアニメの役割だとしたら寂しいことだ。
だが、この作品。
”企画倒れ”という表現がふさわしい。
企画だけいろいろ詰め込んで、その後の展開が杜撰すぎる。
売れる要素を集めて企画を通したけど、そこからは度が過ぎる空気アニメ。

作画がとても綺麗で、萌えっぽい女の子が軍服着ているとか、ロボットみたいなのが出てきたり、音楽が意味を持ちそうだったり、優しい世界観とか、売れそうな要素を詰め込んだだけの作品である。

問題は、ばらまいたパーツが全然展開しないことである。
軍服を着せたが、着ているだけ。
ロボットが出てくるけど、これも、パーツとして出してるだけで物語として展開しない。
音楽に関しても、あまり効果的ではない。
たとえばトランペットという地味な楽器を使って、ある種の「うんちく」でもやればよかったのに。
いや、この現実世界の歴史と繋がってないから、トランペットのうんちく話は少し難しいけど。
ともかく効果的に使えなかった。

登場人物にトラウマを持たせるのは、アニメ作品の常道で、本当はいいはずなんだけど、これも展開がない。
「灰羽連盟」の出来損ないを見てしまった感じだ。
この「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」という愚作を見ると、「灰羽連盟」が如何に練られているかよくわかる。

あと、「目標」が設定されてないのも、難点。
コメディを延々とやる人気作品たくさんあるけど、ああいうのは四コマをベースにしてるから、短い間隔でオチがあり、テンポがいい。
「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」はダラダラしているだけ。

もしかすると、謎を作ろうとしたのかもしれないが、まともに作れていない。
これなら、もう少し単純な目標を設けて、それに向かって泣いたり笑ったり、という展開の方がよかった。

あるいは長期目標無くても、一話完結で優しい世界観の良作というのがある。
「ARIA」みたいな。
そういう作品にもなれなかった。

ともかく、企画を通すのだけ全力だった、という感じだ。
物語が空っぽすぎる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング