Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメやラノベのヒロインは男を好きにならない

絶対に描かれないというわけではないのだが、アニメやラノベのヒロインは基本的に男に憧れない。
「背が高くてかっこよくてスポーツが出来る○○君に憧れる」みたいな話とは無縁である。
こういう不自然さが、アニメオタクにとっては、感情移入しやすいということになるのだ。
ヒロインが「サッカー部のイケメンの○○君」に憧れていたりしたら、感情移入はしづらい。
仮に「けいおん!」で、ヒロイン達が男の話で盛り上がっていたら、”幻滅”するだろう。

処女性というのがよく問題になるが、実際は男への憧れの制御の問題かもしれない。
<男に興味はない>ということだ。
それがハルヒのように変人として描かれることもあるし、「あずまんが大王」系の作品のように女の子同士の友情によってすり替えられることもある。

物語では、不自然な制御がよく行われる。
たとえば古典的な少年漫画の主人公を考えて貰いたい。
彼らは<欲>を持っていない。
女とか金には興味がないと設定されているわけだ。

つまりオタクが特に畸形的な自我を持っていて、その奇形性に合わせたフリークスな作品が作られているという理解は、あんまり正しくはないだろう。
<欲>は見たくないので、不自然に描かれないというのは、物語の基本と言えば基本だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング