Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Angel Beats!」第五話は破綻確定のような気もするし、天使ちゃん萌えに引き絞られた気もする


51wLu8PJZuL.jpg


私は原作無しのアニメオリジナル作品には全部頑張って欲しいと思っている。
漫画原作のアニメばかり、とかなったら、すごくつまらないからだ。
「Angel Beats!」だって、とても応援しながら見ているつもりだ。
とはいえ、第五話は、ちょっと評価に迷う回であった。
普通に第一話から第五話の流れを見ると、完全に迷走して破綻しているように思える。
しかし第五話で天使ちゃんが生徒会長から外され、Cパートで天使ちゃんの後任の「新生徒会長」がSSSを拘束しようとするところで、”続く”となったわけで、もしかすると、第六話から仕切り直して持ち直すという期待感も無くはない。

エロゲー的に言えば、第五話までは序盤のキャラ見せのためのドタバタだった(かもしれない)。
成仏したりしなかったり、変だったけど、あれもエロゲー序盤特有のドタバタ(かもしれない)。
第六話から「天使ちゃんルート」に入って、いい意味での麻枝准シナリオが始まるのではないかという気もする。
第五話で天使ちゃんを痛めつけたのは、これまでのKey作品を思い起こせば、天使ちゃんルートに入るためのフラグである。
逆に言うと、表向きのヒロインのゆりっぺは脱落ということになるが、どうせ人気もないのでいいのだろう。

実際、天使ちゃん萌えが、唯一残された活路なのだから、「ゆりっぺルート」はゴミ箱に捨てて、第六話から天使ちゃんルートという具合になると思われる。
もし天使ちゃんの話をきちんと構築出来るのなら、序盤のドタバタは、普通にOKとなるのではなかろうか。

まあ埒もない予測をしても仕方がない……。
いや、原作のないアニメオリジナルだからこそ「予測」する楽しみがあるのだけど、これ以上長々と書く意味はないだろう。

ちなみに、第五話までのドタバタに関して言うと、相変わらず、「どつき漫才」的な手法が多いなあと。
これはKey作品のギャグセンスがそうなのだけどね。
生理的に嫌悪感を持つ人がいるかもしれないが、たぶんそれほどネックにはならないだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング