Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「黄昏世界の絶対逃走」本岡 冬成



物語には、「単純な面白さ」というものがある。
根っこのアングルが面白ければ、話が雑でも楽しかったりするわけだ。
逆に言うと、そういう「単純な面白さ」が欠如している作品もある。
どんなに丁寧に細部を描写しても、根っこの単純なアングルがつまらないとつまらない、ということだ。

さて。
「黄昏世界の絶対逃走」。
2010年5月発売。
ガガガ文庫の新人賞の優秀作。
内容の「面白さ」に関しては0点を付けたい。
物語のアングルがつまらないからだ。

この作品は小説というよりは、ハードボイルドなポエムだ。
人によっては、この世界に浸れる人もいるだろう。
黄昏予報の時間です。
本日午後の黄昏濃度は約八十パーセント、
非常に濃くなる見通しです。
発作的な自殺には注意しましょう。
あなたは独りではありません。
あなたの周りにはみんながいます。
みんなの周りにはあなたがいます

アンニュイで退廃した世界で、主人公は「黄昏の君」と呼ばれる少女を連れ出して逃走する依頼を受ける。
前半部の逃避行の退屈さは、後半部で展開されるポエムのためだ。
イノセントに語られる幼馴染みとの想い出。
おそらくはその少女が幼馴染みであり、主人公は、依頼主を裏切って少女を連れて逃げる。
この第二の逃走部分が作者の描きたかったところであり、この叙情的な描写が評価され賞に輝いたということなのだろう。
主人公は依頼主を裏切ったことで追われることになり……。
傷を負いながら少女と共に逃げ、最後はわりと曖昧なエンディング。
ハードボイルドの雰囲気は、筆力の高い描写で細部まできっちり描かれているとも言える。
だが、物語の骨組みが面白くない。

依頼されて幼馴染みの少女を連れて行くという点ではガガガ文庫の代表作のひとつの「とある飛空士への追憶」と似てるかな、と思ったので、読み返してみた。
(多少の影響関係はあるだろうと想像する)。
読み比べると、”似たような作品”でも、「とある飛空士への追憶」の素晴らしさが際だつ。
「黄昏世界の絶対逃走」が、退廃的な世界観や少女の独自設定をうまく使いこなせていないのとは対照的に、「とある飛空士への追憶」は、幼馴染みのお姫様みたいなわかりやすいアングルで、読者を惹き付けるのである。
私は「とある飛空士への追憶」を読み返して、あらためて、この作品に惚れ惚れとした次第である。
王道的な設定をとても効果的に用いているがゆえに、私たちの肺腑の一番深いところに訴えかけてくるのだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング