Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界観の架空性が強いフィクションがセカイ系である

セカイ系という単語は使いたくないのだが、実際使われるので、ある程度定義しておくことが必要だろう。
よく言われる「社会的プロセスを省略して……」みたいな説明はまったくの的外れだと思う。
あるいは、そういう的外れな説教の対象として、特定作品が槍玉に挙がったのかもしれない。
たいてい説教とは的外れなものだ。
わかってる人はなかなか言ってくれない。
ものわかりが悪い人に限って説教が好きなのである。

さて、だったらセカイ系と言われる作品は何なのかというと、架空性が強いフィクションなのだと思う。
もちろんフィクションは全部架空だ。
架空だからフィクションだ。
だが、架空性の強い設定というのはあるのだ。

たとえば現在放映されているアニメなら、「けいおん!!」と「Angel Beats!」の比較でもいいだろう。
両方ともフィクションであり、架空の話である。
だが、「けいおん!!」が普通のフィクションなのに対して、「Angel Beats!」は<架空性>が強い。
要するに、その作品の世界観が、<架空世界>である強さの問題である。
作品世界が、ある特殊な意図で<架空>であるのが、セカイ系なのだ。
世界観の<架空性>の強さからストーリーが物語られる時、我々はそれをセカイ系という単語で認識する。
「けいおん!!」は世界観の架空性が弱いから日常系で、「Angel Beats!」は架空性が強いからセカイ系ということである。 このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング