Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッピーエンドのための蛇足

「ハッピーエンドでよかった」

そういう口癖を述べる輩がいる。

そういう人間の声が大きいからCパートは作られる。

何年か前、「グレンラガン」の最終回のBパートまで見て、主人公の哀愁漂う背中に漢を感じて感動しつつ、とてもハードボイルドで痺れるエンディングだったなと思っていたら、Cパートで後日譚、というか、二十年後の世界が描かれて萎えた記憶がある。

Cパートで後日譚を見せるのは、ハッピーエンドサービスだ。
ナチュラルなハッピーエンドなら、Bパートで纏めればよい。
Bパートの段階でハッピーエンドにならない時に、それを補填するのがCパートという蛇足なのだ。

「Angel Beats!」も、この作品において”転生後”は蛇足だ。
最終回のCパートはハッピーエンドサービスなのである。

よくもわるくも、「Angel Beats!」は疑似体験の集まりなのだ。
ゆりっぺと天使ちゃんの戦いは実質的には無意味で、単なる”ごっこ”だ。
第十話のユイの成仏だって、”ごっこ”である。
あの「死んだ世界」の箱庭の中だけで完結している遊戯なのだ。

転生後を描くと、キャラが崩壊してしまう。
Cパートの天使ちゃんはもはや天使ちゃんではないわけだ。

あるいは、ユイの転生後は描かれなかったが、仮に描いたら、第十話は何だったのかということになる。
この作品において転生後を描くのは、そういうことである。

それと、消えた後に「転生」するというのを最終回Cパートで確定させてしまったのもよくない。
転生は可能性の問題であり、実際は魂が成仏して消滅するだけかもしれない、という余地を残しておくべきだった。

ああやって転生するんなら、さっさと成仏した方がいいという話にもなりますからね。
だいたい人生への「思い残し」って、人生が一度きりだからだろ。
そういう条件だからこそ、人生においての運命とか不幸の重みは耐え難いのだ。
リセットできるんなら、あっさりリセットボタン押して転生するだけだよ。
転生した先でまた悪ければ、再びリセットボタン。
麻枝准がCパートで言いたかったのは、そういうことか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング