Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

天使ちゃんは飛び級キャラ

「Angel Beats!」はストーリーとしては破綻していると思うのだが、それでも結構売れているようだ。
「けいおん!」に近いくらいの売り上げのようだから、アニメとしては大成功の部類と言っていいだろう。
これは麻枝准(あるいはKey)の固定ファンと天使ちゃん人気によるものだと思うが、天使ちゃんについてちょっと考えてみよう。

天使ちゃんに似ているキャラをアニメの中で探すと、「機動戦艦ナデシコ」のホシノ・ルリだと思う。
そして天使ちゃんとホシノ・ルリの共通点を考えると、幼い年齢に見えながらも重要なポジションを占めるキャラということだ。
天使ちゃんのキャラを「ロリ」と言う人がいるが、そうではないと思う。
単純なロリキャラならいくらでもいるのだ。
ポジションが飛び級的と言った方がいい。

アニメで飛び級的なキャラが使いづらいのは、「あずまんが大王」が原因かもしれない。
迂闊に飛び級設定を使うと、パクリと言われる恐れがある。
だが、飛び級キャラを<神童>として捉えるなら、これはかなり古典的なのだ。
文学作品(たとえばヘルマンヘッセとか)で神童が特権的なポジションを得るのはよくある。
<神童>とはかなり王道で魅力的な立ち位置なのである。

天使ちゃんは、飛び級と設定されているわけではない。
単に身長の低い高校生と見ることも可能ではある。
だが、天使ちゃん人気を考えるに、「背の低い高校生」というよりは、優秀な神童が生徒会長のポジションに付く、という構造で受け取られていると思う。
「身長が低い」だけで人気が出るなら、いくらでも低くすればいいだろう。
そうではないのだ。
あくまで神童というイメージが得られるように、ああいう背格好なのだ。

余談を書くなら、現在放映中の「世紀末オカルト学院」はヒロインである学長の設定がよくない。
ヒロインの学長がお姉さんキャラというのでは、あまりインパクトがない。
仮にヒロインが幼いイメージで、その子が学長になるというのなら、それは飛び級的なポジションであり、アニメヒロインの立ち位置として魅惑的なものであっただろう。
「世紀末オカルト学院」は作品の質が高く、ストーリーも面白いだけに、キャラの設定が残念である。
あるいは、「世紀末オカルト学院」はアニメ的なキャラ設定を避けたのかもしれない。
「世紀末オカルト学院」はアニメノチカラ第三弾なわけだけど、第一弾の「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」が流行の萌えを意識しすぎて妙なバッシングを受けたりしたからね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング