Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ一般の人はハルヒやこなたを知らないのか

最近平野綾がよくテレビに出ているが、「ハルヒの声の人」と言っても一般人には通じないのを痛感させられる。
ネットをやってると、誰でもハルヒやこなたを知ってるような錯覚に陥るが、このギャップの問題。
なぜ、一般の人はハルヒやこなたを知らないのか。

いろいろポイントがあるだろうが、適当に箇条書き。

◆文化自体が多様化し、散漫になり、衰退している
最近だと誰でも知っているヒット曲とか、とても少ない。
文化が多様化している。
あるいは、散漫になって衰退している。
テレビの衰退。
メジャー文化の衰退。
00年代はそういうものなのかもしれない。

◆深夜アニメの限界
深夜のアニメは一般人が見ないから。
ただ、これは「深夜にしか放送しないような性質のアニメ」という言い方も出来る。

◆萌えアニメの限界
ハルヒやらき☆すたをゴールデンでやれない理由を考えると、「萌え」という文法が特殊だからかもしれない。
ハルヒやこなたを知っている人とだけネットで接していると、「萌え」の特殊性に気づきづらい。

◆萌えアニメはストーリーが薄い
萌えアニメは基本的にストーリー軽視である。
ライトノベルの物語の弱さという問題にも通じる。
端的に言うと、男性主人公が傍観者というポジションになりがちだから、本当の意味での物語ではないのかもしれない。

◆サザエさんもらき☆すたも四コマだけど……
らき☆すたとサザエさんの違い。
けいおん!とサザエさんの違いという点でもいいけど。
これも萌えの壁となるのだろう。
サザエさんの「日常」と、らき☆すた(けいおん!)の「日常」では意味が違うということだ。
萌えアニメが提示している日常は、サザエさんの日常とは全然別である。

◆萌えはオタクしか理解出来ない
「けいおん!」が社会現象とか言われていたが、全然そんなことはないだろう。
キャラクターを愛でる目線がないと、萌えアニメは楽しめない。
そしてそういう目線は「オタク」でなければ持っていないのである。
一般人では萌えは理解出来ない。
オタクとしての文法を理解して、初めて……。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング