Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワーキングメモリーと小説の理解力

個人的に感じていることを単に書くだけなので、なんら学術的な裏付けはないです。

小説の理解力にはワーキングメモリーがかなり関わっていると思う。
wikipediaからワーキングメモリーの引用をしておきます。
ワーキングメモリ(Working Memory)とは認知心理学において、情報を一時的に保ちながら操作するための構造や過程を指す構成概念である。作業記憶、作動記憶とも呼ばれる。

これは知能指数とか、長期的な記憶能力とは別で、一時的に、どれだけのことを頭に入れておけるかという問題。
さほど勉強が出来なくても、物事を要領よく器用にやれる人はワーキングメモリーの能力が高いかもしれないです。

小説を読む場合、頭の中のメモリーに流れを保持しておくことが必要です。
小説が300ページあるとして、今現在180ページ目を読んでいるとする。
その時、25ページ目で起こった出来事を完全に忘れていたら、小説をまともに読めていない、ということになる。

あるいは、「流れのわかりすい小説」と「流れがわかりづらい小説」という問題もある。
流れがわかりづらいのは以下のようなもの。
・たとえば回想が多い小説。回想が長かったりするとわかりづらい。元の流れをメモリーにキープしながら過去回想を読むわけだから、メモリーが足りない人だと厳しい。
・登場人物が多くて、それぞれの視点から描かれる場合。登場人物がたくさんいても、主人公と一緒に行動しているのならまだいいが、主人公とは別のところで、あれこれ行動してると、メモリーにキープしておくのが難儀になる。

小説の難易度は一定ではない。
似たような表紙のライトノベルでも、ワーキングメモリーの観点から、読みやすさの格差があります。
序盤で細かい伏線が張られて終盤でそれが回収される作品があるとして、ワーキングメモリーが足りない人だと序盤を忘れているから、終盤の展開のダイナミズムがわからなかったり。

小説を読むのは暗記ではないんですよね。
ハードディスクに書き込んでいく行為ではない。
これまでの流れをメモリーに置きながら読んでいく行為なのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング