Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「レベルE」第一話を見て





10年くらい前、原作は繰り返し繰り返し読んだ。
冨樫義博の作家性を最大に注ぎ込んだ作品は、普通の少年漫画とは一線を画していて、かなり異彩を放っていた。
今では押し入れのどこに入ってるのかわからない状態だが、久々にアニメという形でこの作品に接することになった。
第一話の印象としては、とても手堅く、きちんとした作り。
すごくちゃんと仕上がっている、というのが感想。
第一話であまり結論づけない方がいいのかもしれないが、原作の面白さを忠実に再現してくれそうな予感で、楽しみであると同時に、わざわざ見なくてもいいかな、という気もする。
どうせアニメにするなら、もう少しエキセントリックな演出の方がよかったかもしれない。

煮え切らないレビューになったが、だいたいこんなものなのだ。
絶賛したり酷評したりした方が文章としてはメリハリがつくが、「及第点で何とも言えない」という作品が多いのが実状である。
「原作を見事に再現しているこのアニメは大傑作」みたいな書き方をしてもよかったんだけど、実際、それほど続きを見たい感じがしないのです。
(原作で話の筋を知っていると、それほど続きが楽しみでないというのは当たり前だけど)。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) レベルE 第1話 「An alien on the planet」

レベルE(上) (集英社文庫―コミック版)クチコミを見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想も受け付け ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング