Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

メリーさんはlainの再来。これだけクールで萌えられるヒロインは久しぶり



IS(インフィニット・ストラトス)原作は第一巻だけ読んで脱落した。一人称文体のコミカルな口調が笑えなかったり、私の読解力不足もあろうがラノベでロボットが戦う場面の描写が理解できないとか、いろんな意味でよくなかった。
アニメの方は第二話まで見たわけだが、私が原作で難点だと感じていた部分が消えていた。無理して笑わそうという演出にはなってないので、これはよい。一人称のあくの強さが消えて、よい感じのアニメになっている。だが、及第点は付けられるものの、それ以上は何も見いだせない。こういうのは切る対象。来週からはたぶん見ない。悪いわけじゃないんだけど、こういうテンプレアニメは死ぬほど見てるので、これ以上は受容出来ない。

メリーさん。第二話。原作未読なので、イミフな状態で見てるんだけど、メリーさんの魅力で引っ張れている。
これだけイミフに作って、製作者はずいぶん冒険してるが、それは成功してる。
わからないけど続きを見たいと思わせる力がある。
要は、萌えられるかどうかですよね。
メリーさんの不思議な感じは「serial experiment lain」を思い出させる。
lainはサイバーパンクで、メリーさんはファンタジーだから設定は似ても似つかないんだけど、歯ごたえのある萌えがいいのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング