Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「シロクロネクロ」多宇部貞人



Twitter検索したら、最近は吸血鬼が飽きられて使えないから、<ゾンビ>になってるんじゃないかと言ってる人がいた。そういうことなのかもしれない。似たような構造の中で、表面のシールだけ貼り替えてバージョンを変えていく。それがライトノベルの世界なのかもしれない。

「電撃大賞」の大賞作品。これはかなり物足りない出来映え。
あまり独創的過ぎる作品だと他人が受け入れないので、どうしてもテンプレ化した作品が受け入れられがちだが、電撃大賞は伝統的にテンプレを避けていたと思う。今回は選ばなくてもいいテンプレ作品を選んでしまった、という印象がある。

下ネタを多用し面白おかしく語る文体。男子中高生の悶々とした性欲を軽い笑いで語るという感じで、悪い印象はないが、陳腐に感じるのも確かである。
もっとも私はISの原作第一巻を読んだ時も、テンプレ過ぎてつまらないから絶対流行らないと断じていたが、アニメの方は結構好評のようである。(私はアニメは二話までしか見て無くて録画を溜めている状態)。
この「シロクロネクロ」もテンプレでつまらないと断じておくが、こういう作品の方が人気が出たりするのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング